バサル ナリシングパックの解析結果

総合順位

873

総合得点 5点満点

2.02

楽天でバサル ナリシングパックを買う
成分数エキス系特効ダメ
40210
  • バサル ナリシングパックの詳細情報
  • メロスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5623
  • [容量] 140ml
  • [参考価格] 1400円
  • [1mlあたり] 約 10円
素材 
0.7
安全性
4.1
コスパ 
1.6
環境 
3.2
補修力
2.1
潤滑性
3.4
頭皮改善 
1
ツヤ 
2.4
持続性
3.2
感触 
3.2

バサル ナリシングパックの解説

低刺激だが、効果もそれなり。

なめらかさは悪くないが、リピートしたくなるほどでもない。

肌がやや弱い方に、なるべく効果の高いコンディショナー、といったテーマならやや適していますが、

完全に低刺激というほどでもなく、その割にコンディショニング効果もさほど高くないので、

完成度としてはやや平凡かなと感じられます。

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIや(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマーのようなシリコーン系の働きをする成分がある程度仕上がりに影響しますが、

やはり 段違いな効果も素晴らしい持続性もあるわけではありません。

一時的な手触りの改良程度、コンディショナーとしての役割なら良いでしょう。

バサル ナリシングパックの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4セテアリルアルコール

5水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

6ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

7ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

8ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

9トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

低粘性のエステルオイルで、ベタつきがなく非常に延びのよい軽いタッチが特徴。酸化安定性にも優れており、化粧品などのベースオイルとして使われています。

10アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

11ラベンダー水

12アミノエタンスルフィン酸

13パントラクトン

14ユビキノン

コエンザイムQ10のことです。化粧品として肌に塗布する、という使用法ではこれといって有効性が乏しい素材です。

15(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー

シリコンの代用にされるような皮膜形成効果を持つ。

16アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI

アミノ酸系両性界面活性剤です。シリコン並の滑りを付与し、帯電を抑制などコンディショニング効果に優れます。同時に傷んだ毛髪に吸着して切れにくくする作用もあります。シリコンとの違いとして、生分解性に優れた素材。

17リンゴエキス

18グレープフルーツエキス

19ライム果汁

20オレンジ果汁

21レモン果汁

22オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

23レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

24イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

25メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

26シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

29ポリオクタニウム-10

30アルギニン

31プロピルパラベン

32香料

香りづけ。

33乳酸

34メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

35ラウレス-25

36PPG-25ブチルリン酸

37エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

38ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

39オレス-7

40ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

販売元による宣伝文

髪や頭皮を若々しく、健やかに保つヘアパック。コエンザイムQ10、ヒポタウリン、パントラクトン(保湿成分)配合。グレープフルーツエキス、オレンジエキスが頭皮の状態を整え、ハリとコシのある美しい髪にします。

バサル ナリシングパックの関連商品


楽天でバサル ナリシングパックを買う

バサル ナリシングパックを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。