阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の解析結果

総合順位

1989

総合得点 5点満点

0.02
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
326211
  • 阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の詳細情報
  • ひまわりの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1887
  • [容量] 320ml
  • [参考価格] 3200円
  • [1mlあたり] 約 10円

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー 解析チャート

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の解説

洗浄剤は最低レベル



添加成分の質はわりと魅力を感じるものの、洗浄剤を見た瞬間に「ナシ」と結論付けられる一品。



最底辺の洗浄剤ベース



脱脂力が強いだけでなく、肌に浸透して根こそぎ脱脂してしまうため肌荒れ・薄毛に直結するタイプのシャンプーといえます。

添加成分の良し悪しは最早関係なく、この洗浄剤は一度でも使わないようにすべきダメっぷりです。

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の全成分

1

2コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

3(C12-13)パレス-3硫酸Na

4ラウリル硫酸TEA

強烈な脱脂力に加え、分子量が小さいために肌や髪に浸透する性質があり、文字通り根こそぎ脱脂してダメージさせてしますタイプの洗浄剤/陰イオン界面活性剤。全成分に無いに越したことはない成分である。

5オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

6硫酸Na

7コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

8褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

9コンドロイチン硫酸Na

10加水分解コラーゲン

11加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

12スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

13(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

14カルボキシメチルキチン

15ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

16グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

17クレアチン

アミノ酸の一種で、皮膚細胞活性化剤を付与。

18褐藻

・ビタミン・ミネラルなど栄養素豊富な海藻エキスセットを配合。
スキンコンディショニング効果を付与します。

19グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

20プロリン

21グルタミン酸

22ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

23甘草エキス

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

26クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27銅クロロフィリンNa

植物の葉緑素(クロロフィル)由来の水溶性色素です。きれいな青を着色するほか、優れた防臭作用を持ちます。

28PEG-20ソルビタンココエート

29香料

香りづけ。

30メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

31黄4

32緑20

販売元による宣伝文

ミネラル豊富なわかめの成分が、洗うたびに髪の内側まで潤いで満たし、芯からしなやかな髪に。コシを取り戻し、自然なボリュームの出る元気な髪に導きます。さらに、自宅でできるヘッドスパを取り入れれば、より効果を実感できます。

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の関連商品

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。