アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリーの解析結果

総合順位

1583

総合得点 5点満点

1.65
成分数エキス系特効ダメ
35801
  • アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリーの詳細情報
  • AVLON ORGANICSの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 28
  • [容量] 325ml
  • [参考価格] 1680円
  • [1mlあたり] 約 5.17円

アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリー解析チャート

アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリーの解説

少なくとも、髪を改善させる気はあまりないようです。

オーガニック系といえばこんな感じの商品が多いものですがやはり使い物にならないレベルでありました。

ベースはアロエベラ、自己乳化型ステアリン酸グリセリルなど、効き目としては疑問符が残るものばかりで構成された中身。

それ自体は肌や髪に悪くはありませんが、一般的なリンスのようにダメージ部に選択的に吸着するわけでもなく、ただただ覆うだけという印象。

ホホバ、コムギの潤滑作用も非常に僅かに感じられる程度でしょう。

防腐剤としてのソルビン酸Kが使われているあたりはマイルド感を感じさせますが、

全体としてコンディショニング効果はあまりに低く、物足りない事後感だけが残るものとなるでしょう。

なおかつ、やや割高です。

アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリーの全成分

1アロエベラ液汁

2

3ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

4トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

5ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

6セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

7ステアリン酸

8ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

9オリーブ果実油

10トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

11カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

12ディオスコレアビロサ根エキス

13ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

14アンソッコウエキス

15シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

16アトラスシーダー樹皮油

・アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。

17オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

18レモン果皮油

19コパイフェラオフィシナリス樹脂

20コリアンダー果実油

セリ科植物コリアンダーから得たオイルです。ウッディーな香りが特徴で、d-リナロール、カンファー、α-ピネン、y-テルピネン、酢酸ゲラニル、ゲラニオール、ミルセンなどを含みます。パクチー、シャンツァイという名のほうが知られていますね。単体ではやや刺激が強いので、高濃度で皮膚に使われるようなことはあまりありません。じんましんや湿疹に効果ありと言われています。

21ホクベイフウロソウ油

22ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

23パチョリ油

24ローズマリー葉油

1,8-シオネール含有のシソ科植物エキスです。血行促進や、芳香による頭脳のリフレッシュ効果などが期待されます。

25ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

26グアーガム

27加水分解コムギタンパク

28ソルビトール

29酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

30エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

31ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

32ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

33安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

34リモネン

35リナロール

販売元による宣伝文

植物エキスとエッセンシャルオイル配合の自然派ヘアケアコンディショナーです。ペタンとしがちな髪にうるおいと共にハリ、コシを与えます。ローズマリーオイル、ホホバ種子オイル、ひまわりオイル配合。髪の芯から潤わせ、ハリとコシのある健康的に輝く髪へと導きます。オールヘア/コシのない髪用。爽やかで心地よいローズマリーの香り。

アバロンオーガニクス コンディショナー RM ローズマリーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。