&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0の解析結果

総合順位

284

総合得点 5点満点

2.65
成分数エキス系特効ダメ
33400
  • &ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0の詳細情報
  • コスメカンパニー株式会社の関連商品
  • [JANコード] 4589546890765
  • [商品ID] 6757
  • [容量] 445ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.4円

&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0解析チャート

&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0の解説

個性派な仕上がりの重軽め系

単なるしっとり感のコンディショナーにとどまらない。



感触と仕上がりに変化がつくタイプ

基本はエモリエント路線で、アモジメチコン、ベヘントリモニウムクロリドと、重い系のベースにプラス、蜂蜜やオイル、ヒアロヴェールなどの重い系の添加成分で構成されています。

このままだと感触重めのよくあるしっとり系コンディショナーとなりますが、

面白いのはアラビアゴムで、シリコーン類などとはまた違った独特な皮膜感を付与します。

このアラビアゴムや、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンなどのシリコーン類が脇を固めて仕上がりに滑り感を提供します。

この脇役成分が仕上がりに存在感を醸し出すため、単にしっとりだけで終わらない後を引く印象をのこします。



クオリティ的にはコンディショナーの範疇ですが、独特な仕上がりや、たっぷりのエモリエント感を感じさせる個性派な部分が面白い一品です。

トリートメントとして純粋に補修効果が高いわけではないので、ダメージをなんとかしたいなら違うかもしれません。

髪のパサツキ防止といった面では意外に役立つタイプでしょう。

&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0の全成分

1

2セテアリルアルコール

3アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

7ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

8ハチミツエキス

9加水分解ハチミツタンパク

はちみつに含まれる18種類のアミノ酸を抽出したハニーテインと呼ばれる成分です。肌の水分保持能力を増強する効果を期待されます。

10グルコノバクター/ハチミツ発酵液

発酵によってハチミツに本来含まれる保湿作用のみならず、グルコン酸が古い角質を温和に除去し、代謝を促進。

11アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

12ケラチン(羊毛)

13ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

14プロポリスエキス

15ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

16カルボキシメチルヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naにカルボキシル基を結合させた成分です。ヒアルロン酸の水を保持する機能を増強させた素材であり、カルボキシル基同士の反発力によって網目構造が形成され、水をキャッチするような構造に。

17ヤシ油アルキルグルコシド

18ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

19パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

20加水分解シルク

21アラビアゴム

ゴム、という名称から輪ゴムのような形状を想像しがちだが、実際には酵素を含む多糖類であり、粘性を与えたり保湿・粘滑剤・乳化目的などで配合される。マメ科アカシア属アラビアゴムノキの分泌物が固化したものを指します。コーラ等に乳化安定剤として必ず配合されているといわれています。髪や皮膚に対しては弾力をもたらし、保湿効果を高めるなどの効果を残します。

22クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

23カラメル

24ヒドロキシエチルセルロース

25ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

26ペンテト酸5Na

キレート剤。

27ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

28安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

29アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

30ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンです。他の油剤との相溶性に優れ、艶を与えるオイルです。

31フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

32BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

33香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

特徴(特長)
保水オーガニック美容
着目したのは水分量14%の髪
&honeyは「髪の水分量」と「潤いのバランス」に着目し、最終製品の90%以上を保湿&保護成分で構成しました。

独自の配合比率※「新保湿ハチミツ美容ケア」
50% マヌカハチミツ(ニュージーランド産)
30% アカシアハチミツ(ハンガリー産)
20% 生ハチミツ*(国内産)

オーガニック成分と保湿成分の融合 保水オーガニック処方
1)製品の90%以上が保湿&保護成分
アルガンオイル*1・ハチミツ・ローヤルゼリー*2・プロポリス*3・ゴールデンシルク*4・ヒアルロン酸*5など
2)無添加・フリー処方
サルフェート(ラウレス硫酸Naなど)・鉱物油・合成着色料・PG・パラベン無添加・動物実験フリー
3)100%モロッカン オーガニックオイル使用*1
100%モロッコ産のオーガニック認定アルガンオイルが髪にうるおいを与えます。

ハニーコート成分*6 潤いを包み込みます。
ラベンダーハニーの香り(フランス産ラベンダー使用*7)

※製品に配合しているハチミツの比率
*加熱処理しないハチミツ
*1 アルガニアスピノサ核油(保湿)
*2 ローヤルゼリーエキス(保湿)
*3 プロポリスエキス(保湿)
*4 加水分解シルク(保湿・保護)
*5 ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(保湿)
*6 加水分解ハチミツタンパク(保護)
*7 ラベンダー花エキス(保湿)

    &ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0の関連商品

&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト トリートメント2.0を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。