ザクロ精炭酸シャンプー の解析結果

総合順位
8位
総合得点 5点満点
4.42

ザクロ精炭酸シャンプー の詳細情報

[製造販売元] サニープレイス

[JANコード] 4580206401109
[商品ID] 3158
[容量]150ml
[参考価格]1296円
[1mlあたり] 約8.64
洗浄力
54%
素材
94%
安全性
58%
コスパ 
78%
環境 
88%
補修力
54%
ツヤ 
34%
感触 
72%
育毛
152%
洗浄剤
96%

ザクロ精炭酸シャンプー の解説

最高レベルのシャンプーです

もはや歴史ある長く一線を張るシャンプーの1つですが、相変わらずその品質はトップレベルを守っています。

質の高い洗浄性、バラエティに富んだ添加成分の効能、深く即効性ある頭皮環境改善効果、清涼感と炭の清淨作用など、 非常に多くの有益性を1本に詰め込んだ、極めて満足度の高いシャンプーです。

髪も頭皮も抜群のメリット ペリセア、リピジュアなどの即効性コンディショニング作用や、炭、油溶性ビタミンC、ザクロ、フキ、サボンソウ、クマザサ、シソ、メントールによる頭皮ケア・アンチエイジング・清浄作用が一度に楽しめる、 便利で高品質、さらに安価で全身使ってもOKなスッキリ仕様です。

長く愛されるには理由がある、トップレベルのシャンプーです。


ザクロ精炭酸シャンプー の全成分

1

2ラウレス-3酢酸Na

酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

7DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

8ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

9クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10セテス-6

11

12ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

13シソエキス

抗アレルギー、抗炎症、アトピー性皮膚炎・花粉症用に。

14フキエキス

血管拡張・高い抗炎症作用。

15ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

16ザクロ種子エキス

女性ホルモンのような作用をもたらすエストロゲンや、美白効果がアルブチンの100倍以上といわれるエラグ酸を含むなどアンチエイジングに大変効果的なエキスです。豊富に含まれるビタミンB,C群による抗酸化作用や整肌作用も期待値が高く、優れた成分です。

17紅藻エキス

18サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

19クマザサエキス

優れた抗菌作用が特徴です。

20テトラへキシルデカン酸アスコルビル

油溶性ビタミンCです。通常ビタミンCは水溶性のため、皮膚に塗布しても浸透することはありませんが、テトラへキシルデカン酸アスコルビルは油に溶ける=皮脂になじみ肌の奥まで浸透することで、ビタミンCとしての抗酸化力を肌の内部で発揮することが可能です。さらに、その効力は48時間程度持続するため、非常に高い効能を期待できます。

21トリオクタノイン

22ステアラミドエチルジエチルアミン

3級カチオン界面活性剤。比較的低刺激タイプのリンス剤で、ダメージした髪表面を一時的に、選択的に整え、コンディショニング効果を持たせるための土台を作ります。4級カチオン界面活性剤に比べ低刺激ですが、コンディショニング作用は低めになります。

23ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

24トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

25オレイン酸

26アスパラギン酸

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

29プロピルパラベン

30エチルパラベン

31ブチルパラベン

32エトキシジグリコール

ジエチレングリコールモノエチルエーテルです。乳化、溶解補助剤、経皮吸収促進効果に優れる。抗菌石鹸やヘアダイ、スキンケア、アクネ肌用、クレンジングに用いられる。

33メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

34香料

香りづけ。

35BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

36エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

メーカーの紹介文

炭と5つの植体水エキス(植物から抽出したエキス)のパワーで、髪と地肌に輝きとうるおいを。
自然派志向のシャンプー。
頭皮の乾燥と荒れを防ぎ、毛穴の皮脂を除き、分泌の嫌な頭の臭いを防ぎます。
育毛環境を整え、ハリのある健髪へ導きます。
※植体水エキス→保湿剤:ザクロ種子・シソ葉・フキ葉/茎・サボンソウ葉エキス・クマザサ葉エキス配合 ▼このような方にオススメ ・頭皮が脂っぽい方に・フケ・カユミが気になる方に・やせ毛・抜け毛が気になる方に・頭皮の荒れ、赤っぽい地肌が気になる方に

ザクロ精炭酸シャンプー を実際に試してみた。

真っ黒な液状がユニークですが、使用感は極上。

すっきりと洗える適度な洗浄力の高さがあり、ワックスなどを使ってる方や汚れが多い方には特に適している。

刺激もほとんど無く、清涼感もあり、ちょっとしたダメージならカバーしてしまうほど質が良い処方です。

好ましい使用感の他にも、油溶性ビタミンCやザクロエキス、フキエキス,ペリセア、シソやクマザサ、サボンソウエキスなどなど、美容液としても通用しそうなレベルの添加剤が素晴らしい。

非常に完成度の高い、最大級にお勧めできるシャンプーの1つ。


株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。