ビタブリッドCヘアートニックの解析結果

総合順位
57位
総合得点 5点満点
2.51

ビタブリッドCヘアートニックの詳細情報

[製造販売元] 株式会社ビタブリッドジャパン

[商品ID] 5911
[容量]100ml
[参考価格]8700円
[1mlあたり] 約87
素材
30%
安全性
46%

コスパ 

20%

環境 
58%
補修力
50%
ツヤ 
42%
感触 
46%
アンチエイジング
36%
美白
60%
育毛
72%

ビタブリッドCヘアートニックの解説

清涼感とビタミン類の補給が働く製品、育毛は・・・

超高額ながら、中身はビタミンのサプリメントレベルといえるスッカスカのクオリティ。

ビタミンを少し頭皮に補給すれば毛が生える、というなら、世の中に薄毛の人など全く居なくなるでしょうが、、

精一杯やんわりした表現をするとしても、とんでもない中身だと言うよりありません。



その価格(8700円)に見合うような要素は存在せず、ほぼメントールとビタミンのみという処方なら本当にサプリと変わらないか、それよりひどい。



まして、飲んだりして体内に入れるわけでもなく、頭皮に塗るだけということを考えると、ますます効能に大きな疑問符がつかざるを得ません


そのビタミン類が肌の調子を少しばかり良くする、という点では可能性がありますが、ヘアートニックというカテゴリでにあってその期待値はかなり低いと見て間違いないでしょう。



おまけに、ポリソルベート80をベースに突っ込んでるあたりも処方が高度でないとすぐにわかる内容なのであります。


ビタブリッドCヘアートニックの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

4ポリソルベート80

5パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

6酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

7フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

8サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

9ナイアシンアミド

ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンB3のアミドで、皮膚炎、口内炎の予防で用いられるように皮膚の健常性に関与するビタミンBを補給します。

10ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミン。かつてはビタミンHと呼ばれていたが、欠乏することはほとんどないため現在はビタミンとは呼ばれず、ビオチンと呼ばれるようになった。皮膚形成を促進する働きの他、核酸の合成を促し、細胞の生成に関わる補酵素としての役割も。不足すると脱毛・白髪、免疫力低下といった症状が懸念されるが、あまり体内で不足することはない。

11

12カラメル

13セラミド3

メーカーの紹介文

薬では無いビタブリッドCヘアーは、男女ともに使える、 本来人間が持つ頭皮の健康サイクルに着目した製品です。
体を鍛えることと同じように頭皮も正直に結果が出ます。
ぜひ結果のためには、3ヵ月以上、試してみてください。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。