viege(ヴィージェ) シャンプーの解析結果

総合順位
658位
総合得点 5点満点
2.38
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
224200

viege(ヴィージェ) シャンプーの詳細情報

[製造販売元] ルベルコスメティックス

[商品ID] 5970
[容量]240ml
[参考価格]2502円
[1mlあたり] 約10.43
洗浄力
64%
素材
44%

安全性

28%

コスパ 

30%

環境 
68%
補修力
40%
ツヤ 
34%
感触 
54%
育毛
78%
洗浄剤
74%

viege(ヴィージェ) シャンプーの解説

しっかり洗うが、指通りも良いタイプ

コンディショニング効果にしっかり気を遣っている上での、洗浄力強めなシャンプーです。

肌に優しく、環境にもわりと負担が少ない処方。

比較的クオリティを感じられるシャンプーです。



さっぱり洗いたい方に適していて、それでいて(アクリル酸/アクリルアミドメチルプロパンスルホン酸)コポリマーやPPG-3カプリリルエーテルのようなコンディショニング成分がシリコーンのように指通りを確保します。



肌に負担が軽いというのも嬉しいポイントで、べたっとした仕上がりにならないため日本の気候にも合っているタイプといえますね。




よりしっとり感を重視するなら微妙ですが、さらっと軽快に洗い上げたいならオススメです。



エキスも悪くありません。


viege(ヴィージェ) シャンプーの全成分

1

2スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。

3ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

4ミリスタミドプロピルベタイン

泡立ち、粘度を非常にリッチに増加させる効果があります。すすぎ時の指通りもコカミドプロピルベタインなどに比べ優れており、使用感を大幅に向上させる効果が期待されます。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

7テトラオレイン酸ソルベス-60

8ヘチマエキス

ヘチマの葉・茎より抽出されるエキス。サポニンを含むため、血行促進・清浄作用・抗炎症・保湿作用を付与します。

9シソ葉エキス

シソ科紫蘇の葉より得たエキスです。ロズマリン酸やフラボノイド配糖体を含み、腫瘍壊死因子の産生を阻害する働きにより抗炎症・抗アレルギー作用をもたらします。抗菌作用目的でも配合されます。

10加水分解コラーゲン

11(アクリル酸/アクリルアミドメチルプロパンスルホン酸)コポリマー

硬水中の金属イオンの除去効果を有するアニオン性ポリマーです。髪表面に手触り悪化の要因となるミネラル分が付着のを防ぐ働きがあり、指通りなどの感触の向上を目的に配合されます。

12グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

13ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

14PPG-3カプリリルエーテル

カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17エチドロン酸

18香料

香りづけ。

19安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

20サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

21フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

22メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

メーカーの紹介文

デリケート地肌をやさしく洗浄し、ゴワつきのもとをリセット、健やかな状態に整えるシャンプーです。
フレッシュグリーンとグレープフルーツの華やかで透明感あふれる香り。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。