THE SCALP5.0C(ザ スカルプ) の解析結果

総合順位
10位
総合得点 5点満点
4.17

THE SCALP5.0C(ザ スカルプ) の詳細情報

[製造販売元] 美彩

[商品ID] 1604
[容量]80ml
[参考価格]15000円
[1mlあたり] 約187.5
素材
86%
安全性
62%
コスパ 
48%
環境 
66%

補修力

26%

ツヤ 
18%
感触 
30%
アンチエイジング
8%
美白
48%
育毛
120%

THE SCALP5.0C(ザ スカルプ) の解説

力作といえる結果重視のトニック

期待値の高い、育毛や白髪抑制に一役買いそうな一品です。

本気度を感じるだけの中身です。



配合トップ成分からして、育毛をやる気満々といった印象のトニック。


アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスですが、理論上は相当な育毛効果があると見ていいほど期待値が高い処方といえます。



その他にも、サンショウ果実エキスもいいですね。

頭皮ケアでお馴染みのエキスも配合、さらにペプチドの添加も見受けられ、
高いなりの説得力はあるのではないか、といえる全成分です。


果たして、他の育毛系で有名な製品、成分(例えばミノキシジルやフィナステリドなど)にどこまで対抗できるか、注目でありますが、
ある程度楽しみな製品の1つと紹介しておきましょう。


THE SCALP5.0C(ザ スカルプ) の全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3アセチルテトラペプチド-3

キャピキシルを構成する素材の1つです。毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。アカツメクサエキスとセットでミノキシジルの数倍の育毛作用をもたらすと考えられています。

4アカツメクサ花エキス

キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。

5フムスエキス

6カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

7センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

8オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

9クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10サンショウ果実エキス

ミカン科サンショウの果実から得たエキス。サンショオールやタンニン、ゲニポサイド、ガルデノサイト、クロチンなどを含有するエキスです。効能としては血行促進、抗菌作用、育毛作用、白髪抑制作用を付与。

11プルサチラコレアナエキス

鎮静・抗炎症作用を付与。

12ウスニアバルバタエキス

13

14オクタペプチド-2

・オクタペプチド-2(プロヘアリンβ4)は毛根で幹細胞が毛包下端まで移動する間に幹細胞の成長・分化を促進し、育毛に寄与するサイトカイン(細胞間シグナル)です。

15ダイズ種子エキス

イソフラボンによる抗酸化作用や女性ホルモン様作用による男性型脱毛の予防、保湿作用、美白作用などを付与。

16アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

17カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

18イノシトール

ビタミンB群の一種。生理活性成分としてスリミング作用も期待される他、毛髪の健康な生成、パニック障害の抑制など様々な場面で働きます。

19アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

20オドリコソウ花/葉/茎エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

21オランダガラシ花/葉/茎エキス

22ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

23セイヨウキズタ葉/茎エキス

サポニン、タンニン、フラボノイドなどを含み、抗炎症・収斂、抗酸化作用、保湿作用、清浄作用などを付与します。

24ニンニク根エキス

ユリ科ネギ属植物で、アリシンを特徴的に含有します。優れた抗菌力を背景に、血行促進、抗酸化作用を付与するエキスです。

25セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

26ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

27ローマカミレツ花エキス

28アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

29グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

30オリゴペプチド-41

31プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

32黒砂糖

33酵母発酵エキス

34PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

35ソルトビール

36セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

37グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

38アラニン

39トレオニン

40グルタミン酸

41リシン

42プロリン

43アルギニン

メーカーの紹介文

キャピキシル配合スカルプローション再生治療にも活用されている成長因子を含む41種類の成分を配合毎日使用するものだから使用感にもこだわりました。
(サラサラ・無香料・無添加)
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。