サニッシュ フェアリードロップの解析結果

総合順位
252位
総合得点 5点満点
2.54
成分数エキス系特効ダメ
21300

サニッシュ フェアリードロップの詳細情報

[製造販売元] ファインゾーン

[商品ID] 1421
[容量]54ml
[参考価格]2625円
[1mlあたり] 約48.61
素材
74%

安全性

32%

コスパ 

20%

環境 
74%
補修力
48%
ツヤ 
70%
感触 
76%

サニッシュ フェアリードロップの解説

単なるオイルの寄せ集めというイメージよりは一歩上の品質。


コメヌカ油、アルガンオイル、ユチャ油というあたり、センスの良さのようなものを感じさせます。


メドウフォーム、マカデミア、ホホバ、オリーブなど、肌なじみ(髪なじみ?)よいオイルも揃え、使用感においてはそこらのものよりオススメといってもいいレベル。


ベースのステアリン酸エチルヘキシル、コハク酸ジオクチルはエステル油ですが、これがべたつかない使用感を演出していますので使いやすさも感じられるでしょう。


脂肪酸(C14-28)、分岐脂肪酸(C14-28)は18-MEAというキューティクルの接着剤的脂質成分ですので、
単にオイルが乗っかるという以上に髪にはうれしい内容と言えます。


全体としては、
このカテゴリではクオリティ高い方であるし、使いやすさも考えられていてGoodです。


多少値付けが高めには感じますが、内容からしたらまぁ妥当な範囲とみます。


サニッシュ フェアリードロップの全成分

1ステアリン酸エチルヘキシル

油性感が少なくさっぱりした使用感のエステルオイルです。

2コハク酸ジオクチル

3コメヌカ油

4アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

5ユチャ油

6トウツバキ種子油

7ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

8メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

9マカデミアナッツ油

10ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

11シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

12オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

13ダイズ油

14カロットエキス

15トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

16オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

17レモン油

18グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

19脂肪酸(C14-28)

20分岐脂肪酸(C14-28)

18-MEAを構成する脂肪酸。

21スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

メーカーの紹介文

髪に妖精のきらめきシャイニー&リッチ天然由来のオイルのみを21種類使用。
シリコン無配合の洗い流さないトリートメントです。
ダメージによるパサつきや、くせによって広がる髪を落ち着かせます。
自然なツヤ・輝き・うるおいを髪に与え、しっとりしなやかな、まとまりやすい髪へと仕上げます。
キューティクルが持つ18-MEAを配合し、ダメージを補修しながらなめらかさを保ちます。
オレンジ油、レモン油、グレープフルーツ果皮油が混ざった、さわやかな柑橘系ブレンドエッセンシャルオイルの香りです。

サニッシュ フェアリードロップの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。