シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジングオイル の解析結果

総合順位
30位
総合得点 5点満点
3.79
成分数エキス系特効ダメ
25610

シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジングオイル の詳細情報

[製造販売元] エヌ・エル・オー

[商品ID] 4918
[容量]450ml
[参考価格]9000円
[1mlあたり] 約20
洗浄力
80%
素材
74%
安全性
46%
コスパ 
56%
環境 
58%
ツヤ 
58%
感触 
68%
アンチエイジング
40%
美白
58%
洗浄剤
72%

シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジングオイル の解説

しっかり乳化タイプのクレンジング

しっかりメイク、高SPF系サンスクリーン剤の除去などに役立つ、しっかりクレンジングです。


香り成分が多数配合されていることから、使用感も楽しめるタイプとなるでしょう。



抗酸化力も高い、スキンケアタイプ

VC-IP配合による、浸透性のビタミンC(抗酸化剤)の働きが嬉しい一品。


ビルベリー、プルーン、オレアミドオクタデカンジオールなどとの相乗により、肌のケア効果をクレンジング後に残すタイプです。



クレンジング性能は比較的高く、使いやすいタイプで重宝するでしょう。


添加成分もまずまず期待値の高い成分が配合されていて、バランスの良い逸品といえます。


シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジングオイル の全成分

1ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

2トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

3ステアリン酸エチルヘキシル

油性感が少なくさっぱりした使用感のエステルオイルです。

4イソヘキサデカン

5トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

ベタつきの少ない乳化安定剤。取扱が容易でかんたんに乳化させることができる特徴。

6

7酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

8ヘキシルシンナマル

環式アルデヒド化合物で、合成香料の一種です。

9ブチルフェニルメチルプロパナール

10リナロール

11ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

12ジカプリリルエーテル

優れた延展性を有した非常に軽い使用感の油剤です。 シリコーンとの相溶性に優れ安定性、生分解性が良好な油剤です。クレンジング剤などに適す。

13炭酸ジカプリリル

低濃度で高い拡散性があり、紫外線吸収剤のような難溶性成分も溶解させるエステルオイル。

14サリチル酸ベンジル

15テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

16水酸化Na

17オレアミドオクタデカンジオール

・オレアミドオクタデカンジオールはセラミドの代用品としてエモリエント効果付与。

18プルーン分解物

表皮細胞がメラニンを受け取る過程を阻害することで肌が黒く見えることを防ぐ作用=美白作用があります。ユニークなアプローチの美白剤。

19ラミナリアディギタータエキス

20ビルベリーエキス

21黒砂糖エキス

22オレンジ果実エキス

23レモン果皮エキス

24サトウカエデエキス

25香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

水性の汚れはもちろん、ウォータープルーフのメイクアップによる油性の汚れや、古い角質までも、効果的に取り去ることを目指し開発されたクレンジングオイルです。
フレッシュ・フローラルの優しくリラックスした香りが、心地よい洗顔タイムをお届けします。

シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジングオイル の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。