サンメディックUV 薬用サンプロテクト nの解析結果

総合順位
14位
総合得点 5点満点
3.06

サンメディックUV 薬用サンプロテクト nの詳細情報

[製造販売元] 資生堂

[商品ID] 5418
[容量]50ml
[参考価格]2268円
[1mlあたり] 約45.36
素材
48%

安全性

36%

コスパ 

26%

環境 
58%
ツヤ 
46%
感触 
62%
アンチエイジング
34%
美白
60%

サンメディックUV 薬用サンプロテクト nの解説

紫外線散乱剤&吸収剤の取り扱いの良いパターン。

紫外線を幅広くカットしながら、肌への副作用的デメリットをうまくケアした高性能のUVクリームです。

紫外線をワイドにカットし、吸収しながらも、肌に負担を来さないように粉体を被覆してソフトに加工。



皮膚に危険性が少ない安心感のある処方で、単に紫外線用の素材が並べてあるのとは次元が違う設計です。



十分に目的を果たしてくれるのと同時に、思わぬリスクを背負わされる心配がないのがおすすめポイント。


サンメディックUV 薬用サンプロテクト nの全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2酢酸DL-α-トコフェロール

酢酸dl-α-トコフェロールはビタミンEの一種で、血行を良くして肌荒れを防止する効果や、皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用を付与。

3L-グルタミン酸ナトリウム

4L-アルギニン塩酸塩

5DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液

PCA-Naです。天然保湿因子として肌に存在する保湿成分です。

6濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

7精製水

8軽質イソパラフィン

9パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

101,3-ブチレングリコール

BGと表記される成分です。グリセリンよりもさらりとした感触で、エキスなどの溶剤として、抗菌作用も付与する特徴があります。

11メチルポリシロキサン

122.4-ビス-((4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ)-フェニル)-6-(4-メトキシフェニル)-1.3.5-トリアジン

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンのことです。紫外線UV-A,UV-Bを吸収する効果があります。

13ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

低刺激で安全性の高い非イオン界面活性剤です。乳化・可溶化を目的に配合されます。

14ポリプロピレングリコール

15ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー

(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマーです。弾力性のある真球状のパウダーで、延びがよくさらっとした使用感。

16含水ケイ酸

17イソステアリン酸

18α-オレフィンオリゴマー

無色透明に精製された合成炭化水素です。スクワランと似た感触で安全性高く安定性も優れる。

19

20

21メチルハイドロジェンポリシロキサン

ポリジメチルシロキサンのメチル基の一部を水素に置換した素材。無色透明・低粘度のハイドロジェンシリコーンオイルで粉体表面処理剤として用いられます。

22セスキイソステアリン酸ソルビタン

ブドウ糖由来のソルビトールとイソステアリン酸のエステルで、安全性の高い親油性乳化剤として働きます。

23

24クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

25ジブチルヒドロキシトルエン

BHT。

26エデト酸二ナトリウム

キレート(金属封鎖)剤です。金属イオンと結合することで製品が変質するのを防ぎます。

27カルボキシメチルセルロースナトリウム

28無水ケイ酸

29クエン酸ナトリウム

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

30アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

通常のヒアルロン酸の2倍という保湿力を持つ、グリセリンなどに可溶なヒアルロン酸誘導体。

31デカメチルシクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

32トリメチルシロキシケイ酸

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34酸化亜鉛

紫外線散乱剤として用いられる他、抗菌作用を活かして消臭剤に使われることも。

35低温焼成酸化亜鉛

メーカーの紹介文

強力紫外線をブロック&薬用スキンケア処方のUVクリーム(顔・からだ用)です。
肌あれ防止有効成分(グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α―トコフェロール)・うるおい成分(アミノモイスチャー成分:グルタミン酸、アルギニン、ヒロゾドンカルボン酸、グリセリン。
スーパーヒアルロン酸:アセチル化ヒアルロン酸Na)・光スタミナ技術を採用。
UVダメージから肌をしっかり守りながらうるおいを与え、美しくイキイキとした肌へ導きます。
スーッとなじんで肌がみずみずしくうるおい、なじんだ後は肌サラサラミルクジェルタイプです。
専用クレンジング不要。
防腐剤(パラベン)無添加・無香料・無着色・鉱物油無添加・アルコールフリー。
耐水テスト・アレルギーテスト・ノンコメドジェニックテスト済み(全てのかたにアレルギーが起きない、コメド(にきびのもと)ができないというわけではありません)。
SPF50+・PA++++。
医薬部外品。
使用方法

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。