サロンスタイル シークレットナイト エッセンスフォームの解説

これはダメ。



カチオン界面活性剤であるステアルトリモニウムクロリドをしっかり入れているため、毛髪をしなやかにはしますが肌刺激が強く、タンパク変性を起こすため髪にも肌にも長時間デメリットを与えることになる一品といえます。


ベースはシリコン、浸透性のイソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、オリーブ油、セリン、ツバキ、ホホバと、使用感はしっとりと髪をまとめる悪くない内容であるのですが、
如何せんステアルトリモニウムクロリドはまずいでしょう。


洗い流すならともかく、一晩中付けたままにするなら全くオススメできません。


肌の弱い人も、肌の強い人にもおすすめしない一品です。


長い目で見れば傷めてしまう事になりかねません。


サロンスタイル シークレットナイト エッセンスフォームの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3LPG

4エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

5イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD

別名イソステアロイル加水分解コラーゲン・アミノメチルプロパンジーオール塩。コラーゲン加水分解物とイソステアリン酸との縮合物。皮脂と馴染みがよく浸透性を有するコラーゲン誘導体である。

6オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

7セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

8ツバキ油

9ホホバ種子油

10BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

11PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

12イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

13ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

14ソルビトール

15ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

16メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

17メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

18香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

髪質にあわせた補修で理想をかなえるこんな方に・髪が太い、多い・ツヤがない・広がっておさまりがつかない広がる髪を濃密ツヤ補修。
まとまりのあるスタイルにベタつかず素早くなじむ贅沢オイル配合の泡トリートメントで濃密補修。
オーバーナイトトリートメント効果で、翌朝スタイリングしやすい髪へと導きます。
(ツバキ油・ホホバ油・オリーブ油(エモリエント)、微細毛髪補修成分(アミノ酸、コラーゲン)、ヒートプロテクト成分、うるおいキープ成分、紫外線カット成分配合)さわやかなフルーティフローラルの香り

サロンスタイル シークレットナイト エッセンスフォームの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。