REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーの解析結果

総合順位
1815位
総合得点 5点満点
0.58
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプー 350ml
価格:3240円(税込、送料別) (2017/11/24時点)


楽天でREUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
144400

REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーの詳細情報

[製造販売元] 株式会社三洋マネージメント

[商品ID] 6206
[容量]350ml
[参考価格]3240円
[1mlあたり] 約9.26
洗浄力
102%

素材 

-18%

安全性

16%

コスパ 
44%

環境 

24%

補修力

2%

ツヤ 

-2%

感触 

-2%

育毛
20%
洗浄剤
22%

REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーの解説

最底辺のシャンプー。

・ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウムによる最悪レベルの脱脂力。


・100円均一でももう少しマシ。


・ダメな洗浄剤と、それを緩和することもないストレートなダメシャンプー設計。

全く手に取る価値もないシャンプーであり、

このクオリティで高額という二重のダメシャンプー。



恐ろしくシンプルな処方のわりにいちいち負荷の強い素材を選んでいるあたり、安上がりにしようという以上に悪意を感じるほど。



いまもし、このシャンプーを使っているという人も、この解析を見たら次の日から使うのを差し控えるべきレベルのシャンプーです。


REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーの全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ラウリル硫酸Na

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

5塩化Na

6香料

香りづけ。

7ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

8クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

9デヒドロ酢酸

10リモネン

11ハマメリス葉エキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

12セイヨウイラクサ葉エキス

イラクサ科セイヨウイラクサの葉から得たエキス。抗アレルギー作用など。

13スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

14ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

メーカーの紹介文

ハ−ブのホーステイルやペパーミントがブレンドされており、クレンジングカや保湿力が効果的な製品です。 すべてのヘアータイプに合い、頭皮を爽快に冷やしてくれます。

REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーの関連商品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプー 350ml
価格:3240円(税込、送料別) (2017/11/24時点)


楽天でREUZEL(ルーゾー) デイリーシャンプーを買う

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。