植物生まれのオレンジトリートメントの解析結果

総合順位
450位
総合得点 5点満点
2.27
成分数エキス系特効ダメ
29500

植物生まれのオレンジトリートメントの詳細情報

[製造販売元] 石澤研究所

[商品ID] 1561
[容量]200ml
[参考価格]1575円
[1mlあたり] 約7.88
素材
62%

安全性

32%

コスパ 

34%

環境 
62%
補修力
40%
ツヤ 
46%
感触 
66%

植物生まれのオレンジトリートメントの解説

肌に優しく、エモリエント。


シアバターがこのトリートメントでは目立つところ。


オレンジ系成分がいくつか配合。


芳香性、スキンケア効果、清浄作用などを期待できそうです。



全体的には、ほんのり軽い補修効果、保湿効果。


トリートメントというよりは、軽いリンスくらいの製品です。


ほとんどダメージがなく、リンスはちょっとさらっとすればいい、くらいの方に適しています。


香りは良さそうです。


中程度〜のダメージの方にはちょっと力不足。


植物生まれのオレンジトリートメントの全成分

1

2ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

3ジメチルステアラミン

3級カチオン界面活性剤です。四級カチオン界面活性剤と比較して肌にソフトで、環境分解性もよいマイルドなコンディショニング効果を付与します。静電気を除去したり、指通りを改善する効果は少し劣りますが、肌へのデメリットを大幅に軽減できるメリットがあります。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

6ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

7ヘキシルデカノール

8ミリスチン酸

9シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

10乳酸

11オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

12オレンジ果汁

13オレンジフラワー水

・オレンジフラワー水はリラックス効果の高い芳香料です。

14ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

15ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

16アルニカエキス

キク科植物であるアルニカの花・根から得たエキスです。カロチノイド、タンニン、トリテルペノイド、サポニン、フラボンなどを含み、血行促進・抗酸化・抗炎症・抗菌・収れん作用などを付与します。

17スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

18ツバキ油

19パプリカ色素

20ユズエキス

21ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

22アジピン酸ジイソブチル

23ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

24イノシトール

ビタミンB群の一種。生理活性成分としてスリミング作用も期待される他、毛髪の健康な生成、パニック障害の抑制など様々な場面で働きます。

25ナイアシンアミド

ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンB3のアミドで、皮膚炎、口内炎の予防で用いられるように皮膚の健常性に関与するビタミンBを補給します。

26パントテン酸Ca

27グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

28トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

29オレイン酸グリセリル

メーカーの紹介文

オレンジの果汁をメインに、さまざまな精油など、植物生まれのうるおい成分をたっぷりと配合したトリートメントです。
地肌に余分な油分を残さず負担をかけません。
トリートメントにありがちなしつこいしっとり感がなく、べたつかず髪そのものがうるおう感覚。
根本から毛先まで指通り軽くサラサラの仕上がりです。
オレンジ果汁の爽やかな香り。
無色素、無香料、肌刺激成分無添加。

植物生まれのオレンジトリートメントの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。