ファーマアクト 無添加ボディソープ の解析結果

総合順位
44位
総合得点 5点満点
1.67
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
133100

ファーマアクト 無添加ボディソープ の詳細情報

[製造販売元] 熊野油脂

[商品ID] 5023
[容量]600ml
[参考価格]432円
[1mlあたり] 約0.72
洗浄力
92%
素材
6%

安全性

30%

環境 
56%
補修力
40%
ツヤ 
30%
感触 
32%
洗浄剤
32%

ファーマアクト 無添加ボディソープ の解説

アロマオイルが添加された石鹸。



純石鹸よりはわずかにマシですが、基本的に肌を乾燥させ、肌バリアを溶出させるためにマイルドではありません。




環境負荷も高く、値段が安いだけで品質は全くおすすめ外。


ファーマアクト 無添加ボディソープ の全成分

1

2カリ石けん

カリウム石けんです。アルカリ性であり、環境中で分解しづらい金属石鹸が生成されやすく、髪はアルカリでキューティクルが開きダメージ、肌はアルカリにより保湿因子がラウリル硫酸ナトリウムよりも溶出します。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

7カミツレエキス

8ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

9ゼラニウム油

10塩化Na

11EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

12変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

メーカーの紹介文

無香料・無着色・無防腐剤でお肌にやさしいボディソープです。
洗う成分は100%植物性の原料を使用しています。
クリーミーな泡が、デリケートな肌を包み込み、しっとりと洗い上げます。
香料・着色料・防腐剤は使用しておりません。

ファーマアクト 無添加ボディソープ の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。