ペルーラルーチェ エルトリートメント の解析結果

総合順位
229位
総合得点 5点満点
2.58

ペルーラルーチェ エルトリートメント の詳細情報

[製造販売元] ナンバースリー

[商品ID] 5118
[容量]200ml
[参考価格]1728円
[1mlあたり] 約8.64
素材
54%

安全性

30%

コスパ 

32%

環境 
46%
補修力
68%
ツヤ 
54%
感触 
80%

ペルーラルーチェ エルトリートメント の解説

ひと味ちがう、コンディショニング効果

一見すると、トリートメントというよりコンディショナーという雰囲気である製品ですが、 素材選びの点で一線を画す工夫を感じられます。

主だった機能は潤滑性、となりそうです。

単なるジメチコン、ではなくメトキシPEG/PPG-7/3アミノプロピルジメチコンをベースに持ってきて、はちみつや疑似セラミドに加えヒアロヴェールにヘマチンも配合。

ダメージへの選択的に集合するダメージケア効果を発揮し、髪のハリ・コシ、保湿効果も高める一品です。

やや持続性は少ない傾向ですが、潤滑性の効果ははっきりと体感できるでしょう。

比較的悪くないように思えます。


ペルーラルーチェ エルトリートメント の全成分

1

2セテアリルアルコール

3メトキシPEG/PPG-7/3アミノプロピルジメチコン

ビルドアップしないヘアコンディショニング成分で、髪や肌のタンパク質に強固に吸着するため優れたコンディショニング効果を有する。光沢・櫛通り感の改善作用を付与。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

6ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

7セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

8ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

9ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

10アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

11加水分解コムギ

12ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

15ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。

16ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース

17PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

18クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

20フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

21メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

22プロピルパラベン

23香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

ダメージにはたらきかけて補修するトリートメント。
髪の内部から表面までケアする、うるおい補修、ダメージ補修成分をたっぷりと配合。
しっかりとダメージをケアして、みずみずしさを取り戻します。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。