フィヨーレ NP3.1 ネオプロセス AFプラス1の解析結果

総合順位
142位
総合得点 5点満点
2.79
成分数エキス系特効ダメ
10010

フィヨーレ NP3.1 ネオプロセス AFプラス1の詳細情報

[製造販売元] フィヨーレ

[商品ID] 1084
[容量]240ml
[参考価格]3024円
[1mlあたり] 約12.6
素材
70%
安全性
52%
コスパ 
54%
環境 
58%
補修力
80%
ツヤ 
54%
感触 
74%

フィヨーレ NP3.1 ネオプロセス AFプラス1の解説

ホームケアと名のつくものにろくなものなし

フィヨーレという、一級品を世に送り出すメーカーにおいても、ホームケア商品と謳った途端にこの程度に落ちてしまうのか。


悪くはないが、明らかに割高感や物足りなさを感じる製品です。



ペリセア、スーパーヒアルロン酸、ヒアロベールを添加していても、フィヨーレくらいのメーカーになると物足りないのです。


ちょっとしたコーティング程度しか期待できず、一般的な市販コンディショナーに近い程度のクオリティです。


これなら、TSUBAKIの方が推したくなるくらいです。


フィヨーレ NP3.1 ネオプロセス AFプラス1の全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4セトリモニウムブロミド

5エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

6(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

7アセチルヒアルロン酸Na

スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。

8ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

9ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

10香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

NP3.1ネオプロセス トリートメントシステムの効果を実感するためのホームトリートメントです。
サラサラな仕上がりになります。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。