ニベアフォーメン リバイタライジングローションQ10 の解析結果

総合順位
116位
総合得点 5点満点
2.61
成分数エキス系特効ダメ
18200

ニベアフォーメン リバイタライジングローションQ10 の詳細情報

[製造販売元] 花王

[商品ID] 4874
[容量]100ml
[参考価格]1431円
[1mlあたり] 約14.31
素材
32%
安全性
40%
コスパ 
48%
環境 
52%
ツヤ 
44%
感触 
48%
アンチエイジング
40%
美白
60%

ニベアフォーメン リバイタライジングローションQ10 の解説

ちょっとした保湿効果だけ

非常に軽い効果の化粧水にすぎず、あえて使う意味があるのかというレベルの製品です。



明らかに割高で、男性にこのような保湿性がそもそも求められているのかと言う疑問も。


元々皮脂の多い男性の肌には、ほかのアプローチが良いのでは。


ユビキノンの配合も、一体肌に塗って何の効果があるのか。

はっきりと示すことはできないだろうと思います。


総合的に見ても、あらゆる要素が力不足。


ニベアフォーメン リバイタライジングローションQ10 の全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3PEG-8

4グリセリル

5トレハロース

6

7セテス-20

8スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

9ヒアルロン酸ナトリウム

10ユビキノン

コエンザイムQ10のことです。化粧品として肌に塗布する、という使用法ではこれといって有効性が乏しい素材です。

11パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

12ユーカリエキス

13ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

14BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16水酸化ナトリウム

17EDTA-2ナトリウム

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

コエンザイムQ10・モイストグリセリンを配合した、男性用化粧水です。
ヒゲ剃りや洗顔などで乾燥しがちなお肌、荒れやカサつくお肌にうるおいを与えて整えます。
アルコールによるヒリヒリ感もなく、お肌に素早くなじむので、自然な使い心地です。
無香料。

ニベアフォーメン リバイタライジングローションQ10 の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。