メンズビゲン カラーリンス ナチュラルブラックの解説

カラートリートメントながら、性能は・・

カラートリートメントではなく、カラーリンスと謳っている点に注目です。


HC染料によるダメージを抑えた毛染めは実現しますが、トリートメントとしての性能はごく平凡な一品です。


シリコンやミネラルオイルによるぺったりしたコーティングがほとんどで、肌にやさしいということもなく、
単にトリートメントやコンディショナーとして見るとあまり優れたものではないのがわかります。



単にカラートリートメントとして徐々に染まればいい、という考えもあるでしょうが、
せっかくのダメージレベルが低いHC染料による毛染めができるのに、ベースの部分が肌にやさしくない、気の利いた素材がチョイスされていない点で評価が高くありません。


メンズビゲン カラーリンス ナチュラルブラックの全成分

1

2セテアリルアルコール

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

7アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

8褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

9(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

10乳酸

11ヒドロキシエチルセルロース

12セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

13イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

16香料

香りづけ。

17

18HC青2

19

20塩基性茶16

メーカーの紹介文

男性白髪用カラーリング剤/男性白髪染シャンプー・リンス・トリートメントシャンプー後に手軽に白髪ケア、髪にも頭皮にも優しいカラーリンス『メンズビゲン カラーリンス』が新登場!いつものシャンプー後についでに使えて、使うたび少しずつ白髪が目立たなくなる!髪に優しい3つのトリートメント成分(アロエエキス、海藻エキス、海洋コラーゲン)

メンズビゲン カラーリンス ナチュラルブラックの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。