メルフィニ モイストミルキィクリームNの解析結果

総合順位
272位
総合得点 5点満点
1.25
成分数エキス系特効ダメ
32000

メルフィニ モイストミルキィクリームNの詳細情報

[製造販売元] ウテナ

[商品ID] 913
[容量]150ml
[参考価格]819円
[1mlあたり] 約5.46

素材 

-18%

安全性

-4%

コスパ 

36%

環境 

38%

補修力

30%

ツヤ 
44%
感触 
44%

メルフィニ モイストミルキィクリームNの解説

光沢を帯びそうなテカるコーティングタイプ?
凡庸な処方で、リッチな感触を得られる可能性は低くなります。


アミノ酸各種は毛髪や肌のたんぱく質に吸着し、ある程度持続的に保湿効果を与えます。


さらに、乳化剤にはステアリン酸グリセリル(SE)をはじめ、少し安っぽいクリーム作りと感じてしまう設計です。


セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤ですが、このような刺激性のリスクのあるコンディショニング成分を入れないとならない程度のクオリティと見て良いでしょう。


何しろ感触の悪いクリームで、毛髪に理想的な平滑性を与えることは難しいでしょう。


こだわりのない処方のように見え、安っぽく肌に充分な配慮がされているとは言えない製品で、オススメ外の一品です。


メルフィニ モイストミルキィクリームNの全成分

1

2ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4セテアリルアルコール

5パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

6ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

7セテス-15

8ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

9グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

10アラニン

11プロリン

12セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

13トレオニン

14アルギニン

15リシン

16グルタミン酸

17

18ステアリン酸グリセリル

19ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

20ステアリン酸PEG-10

21ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

22水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

23セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

24ラウレス-2

25ラウレス-21

26

27ソルビトール

28メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

29エチルパラベン

30プロピルパラベン

31ブチルパラベン

32香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

パサ髪超しっとりヘアクリームベタつかないのにとびきりうるおう超しっとりの秘密は「アミノ酸とオイル」のW効果・保水性アミノ酸(うるおい・補修成分)水分をたっぷりたくわえた「保水性アミノ酸」が髪の芯までじっくり浸透。
・抱水性植物オイル(しっとり持続成分)サラサラの「抱水性植物オイル」が髪表面を均一にコート。
驚くほどのしっとり感が持続!ベタつかない うるおいヘアクリーム濃厚なコクのある感触で、髪の芯までうるおいをあたえ、指通りなめらかにまとまるツヤツヤ髪に。
ヒートプロテクト成分配合で、ドライヤーや日光などによる熱から髪を守ります。
心地よいフルーティフローラルの香り洗髪後のトリートメントにパサつき・傷みが気になる時に枝毛・切れ毛の防止にドライヤー前に毛先のアレンジに

メルフィニ モイストミルキィクリームNの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。