MARO17 コラーゲンショットの解析結果

総合順位
11位
総合得点 5点満点
4.08

MARO17 コラーゲンショットの詳細情報

[製造販売元] ストーリア

[商品ID] 6108
[容量]50ml
[参考価格]4500円
[1mlあたり] 約90
素材
78%
安全性
70%
コスパ 
48%
環境 
64%
補修力
52%
ツヤ 
34%
感触 
46%
アンチエイジング
38%
美白
58%
育毛
110%

MARO17 コラーゲンショットの解説

それなりに意味の有りそうな内容

キャピキシルにトリフルオロアセチルトリペプチド-2、10-ヒドロキシデカン酸といった皮脂対策型成分などを並べた内容で、 こと育毛に関しては期待が集まるのでは。

理論的にはそこそこAGA(男性型脱毛)に有効性を期待できる製品であります。



キャピキシルというAGA改善効果の高い素材を目立って配合している点、

ステロイドであるヒドロコルチゾンよりも高い抗炎症作用を付与するヤナギラン花/葉/茎エキスの配合など、

効果をしっかり発揮させようという意図が明確に見られる内容といっていいでしょう。




育毛効果が実際にどの程度発揮されるかは定かではありませんが、少なくとも皮脂をコントロールし、炎症を抑制する、皮脂由来の脱毛現象を抑制させるといった効果は実感レベルでしょう。


MARO17 コラーゲンショットの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4アセチルテトラペプチド-3

キャピキシルを構成する素材の1つです。毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。アカツメクサエキスとセットでミノキシジルの数倍の育毛作用をもたらすと考えられています。

5アカツメクサ花エキス

キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。

6リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

7ヤナギラン花/葉/茎エキス

ヒドロコルチゾン(ステロイドの一種)よりも即効性のある抗炎症剤。抗酸化作用、肌荒れ・アクネ改善効果を付与。

8トリフルオロアセチルトリペプチド-2

プロジェリンと呼ばれる加齢や紫外線などによって蓄積された異常タンパク質を抑制し、深いシワや深刻なたるみに積極アプローチする最新型ペプチドです。

910-ヒドロキシデカン酸

脂肪酸の一つで、ローヤルゼリーに含まれる。皮脂分泌をコントロールする作用があり、男性型脱毛やニキビの抑制に効果。

10セバシン酸

111,10-デカンジオール

セバシン酸由来で香料、樹脂として使われる二価のアルコール。

12コラーゲン

13メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

14デキストラン

15キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

16ポリソルベート20

17(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

18レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

19PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

20グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

21水酸化Na

22ピロ亜硫酸Na

防腐作用、抗酸化作用などを示す。

23エチドロン酸4Na

24エチドロン酸

25フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

26ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

メーカーの紹介文

キャピキシルMARO配合の頭皮用エッセンスです。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。