MARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーの解析結果

総合順位
1274位
総合得点 5点満点
1.78

MARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーの詳細情報

[製造販売元] ストーリア

[商品ID] 6107
[容量]350ml
[参考価格]3000円
[1mlあたり] 約8.57
素材
44%

安全性

32%

コスパ 

32%

環境 

28%

補修力

22%

ツヤ 
16%
感触 
62%

MARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーの解説

これはほとんど無意味。

配合成分をみる限り、頭皮の育毛・皮脂抑制・保湿といったスカルプケア系の処方といえる内容ですが、 頭皮につけてはいけないカチオン界面活性剤がベースとなっているため、多くの要素は配合されている意味がほとんどないといえます。

ベース部分のステアルトリモニウムクロリド。

これは立派な4級カチオン界面活性剤といって、

非常にタンパク変性作用が強い、刺激物です(その代わり髪がさらさらになる)



これはつまり、頭皮につけることなく、髪だけになじませてね、という一般的なトリートメントと同じ処方といえます。




裏を返せば、頭皮に有効なその他の成分は髪だけにつけても意味をなさないので、

果たしてこのトリートメントは100均のリンス剤並の効力しか実際には残せないと見ていいでしょう。




もし低刺激処方で、かつ頭皮に塗ることを前提とした処方であるなら、意味合いはある程度変わってくるでしょうが、

この処方はまず使う意味すら見いだせないとお伝えして差し支えないでしょう

MARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーの全成分

1

2セテアリルアルコール

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

5アセチルテトラペプチド-3

キャピキシルを構成する素材の1つです。毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。アカツメクサエキスとセットでミノキシジルの数倍の育毛作用をもたらすと考えられています。

6アカツメクサ花エキス

キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。

7リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

8ヤナギラン花/葉/茎エキス

ヒドロコルチゾン(ステロイドの一種)よりも即効性のある抗炎症剤。抗酸化作用、肌荒れ・アクネ改善効果を付与。

9トリフルオロアセチルトリペプチド-2

プロジェリンと呼ばれる加齢や紫外線などによって蓄積された異常タンパク質を抑制し、深いシワや深刻なたるみに積極アプローチする最新型ペプチドです。

1010-ヒドロキシデカン酸

脂肪酸の一つで、ローヤルゼリーに含まれる。皮脂分泌をコントロールする作用があり、男性型脱毛やニキビの抑制に効果。

11セバシン酸

121,10-デカンジオール

セバシン酸由来で香料、樹脂として使われる二価のアルコール。

13コラーゲン

14アボカド油脂肪酸ブチル

15ホホバ種子油

16アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

17月見草油

18ハイブリッドサフラワー油

19オリーブ果実油

20水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

21ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

22加水分解ダイズタンパク

23ホエイ(牛乳)

24アルゲエキス

海中・陸の淡水域に生息する藻類のエキス。保湿効果やDNA週副作用、コラーゲン生成作用などを期待。

25ヒバマタエキス

26ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。

27トウキ根エキス

血行促進、抗アレルギー作用。

28アカヤジオウ根エキス

漢方薬の地黄(ジオウ)として知られているエキスです。ゴマノハグサ科の植物で、皮膚細胞賦活作用、血流促進、保湿効果などを付与します。

29ナツメ果実エキス

30ヨモギ葉エキス

31ヒオウギエキス

32ダイズ芽エキス

・注目の抗老化成分ポリアミンを含有するダイズ芽エキス配合。
著しくコラーゲン産生能力を高める他、細胞の成長を促進させ寿命を延ばす働きがあると言われています。

33ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

34トウガラシ果実エキス

35シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

36イソノナン酸イソノニル

低粘性でさらっとした油剤。クレンジング性能に優れ、べとつかせたくない場合に重宝されるエステルオイルです。

37PEG-32

38PEG-6

ポリエチレングリコールです。乳化・保湿目的で配合されます。

39BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

40パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

41ステアリン酸

42オレイン酸

43メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

44デキストラン

45キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

46レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

47イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

48エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

49グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

50クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

51ピロ亜硫酸Na

防腐作用、抗酸化作用などを示す。

52EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

53フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

54安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

55ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

56香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

男のためのプレミアムなスカルプコンディショナーです。
頭皮直づけ&マッサージで頭皮をほぐして柔らか地肌に仕上げます。
地肌に直塗りしてなじませ、軽くマッサージすることで血行を促進します。
頭皮を健やかに整え、スカルプ エッセンスの浸透を高めます。

MARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーの関連商品

楽天でMARO17 コラーゲン スカルプコンディショナーを買う
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。