MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル EXの解析結果

総合順位
136位
総合得点 5点満点
2.43
成分数エキス系特効ダメ
13100

MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル EXの詳細情報

[製造販売元] 資生堂

[商品ID] 5383
[容量]60ml
[参考価格]994円
[1mlあたり] 約16.57
素材
48%

安全性

36%

コスパ 

24%

環境 
54%
補修力
56%
ツヤ 
52%
感触 
54%

MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル EXの解説

べたつかないヘアオイル。


ベタつきません。

しかし、さらりとするオイル、という以上に何かあるわけでもないので、
髪のダメージが改善するようなタイプではありません。


潤滑油が一時的に髪の表面に乗る、といった図であります。


良くも悪くも普通のヘアオイルという印象。


MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル EXの全成分

1イソドデカン

2水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

5ポリシリコーン-13

6レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

7ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

8加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

9トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

10エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12

13香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

しっとり毛先まで輝き補修、さらさら手触りの洗い流さないタイプのヘアオイル。
濃密パールハニージュレEX配合で、1本1本を補修して扱いやすい状態に導きます。
 塗布した瞬間に素早くなじみ、さらさらつややかに仕上がります。
 静電気・ドライヤー等の熱から髪を守ります。
 スモーキーカット香料配合。

MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル EXの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。