ラックス 集中補修 ヘアパックの解析結果

総合順位
560位
総合得点 5点満点
2.19
成分数エキス系特効ダメ
29110

ラックス 集中補修 ヘアパックの詳細情報

[製造販売元] ユニリーバ

[商品ID] 858
[容量]150ml
[参考価格]924円
[1mlあたり] 約6.16
素材
12%

安全性

24%

コスパ 

34%

環境 
48%
補修力
62%
ツヤ 
50%
感触 
74%

ラックス 集中補修 ヘアパックの解説

エモリエントだがライトなパック

パックというには実力がだいぶ不足している様子。


これでは、並のコンディショナーにも及ばないのではないか。



一般的なレベルのコンディショニング効果が一時的に乗っかる程度であり、それ以上の有効性がないのはほとんどの方がわかると思います。


ラックス 集中補修 ヘアパックの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

6アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

7(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

8ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

9加水分解シルク

10加水分解ケラチン

11アルギニン

12シルクエキス

13ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

14グルタミン酸

15

16オレイン酸

17ヒドロキシエチルセルロース

18ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

19(C12-14)パレス-7

20(C12-14)パレス-5

21ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

22セテス-20

23ジオクチルシクロヘキサン

24エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

25酢酸

26サリチル酸Na

27メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

28プロピルパラベン

29香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

特に傷んだ髪を集中補修するトリートメントです。
度重なるパーマやカラーといったケミカル処方などで、芯まで傷みが進行したキシキシ・スカスカの髪に、内部と外側から同時に集中ダメージケア。
補修・保湿成分アミノケラチンが髪内部まで浸透して、ダメージ部分にしっかり吸着。
ダメージ部分を集中補修し、コートプロテインが、キューティクルを失ってしまった髪も外部からしっかり保護してなめらかに整えます。
輝きを解き放つ、華やかなフローラルの香り。

ラックス 集中補修 ヘアパックの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。