ルミーチェ モイストローションの解析結果

総合順位
77位
総合得点 5点満点
2.98

ルミーチェ モイストローションの詳細情報

[製造販売元] ウテナ

[商品ID] 5103
[容量]200ml
[参考価格]1000円
[1mlあたり] 約5
素材
44%

安全性

32%

コスパ 
72%
環境 
46%
ツヤ 
40%
感触 
56%
アンチエイジング
34%
美白
60%

ルミーチェ モイストローションの解説

しっとりタッチ、お得だがすこし良い

主にアミノ酸各種によるちょっとした保湿効果が特徴の一品ですが、 WILBRIDE配合で品質を底上げしています。

WILBRIDE(PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン)の配合により、使用感と浸透性、保湿力をアップさせているため、

並の化粧水より一歩品質をリードした格好です。




お値段はややお得な製品であり、内容的にもそれなりな部分が多いのですが、WILBRIDEが僅かながら好印象を与えている部分で好ましいですね。



たっぷり肌を保湿させたい、しかしべたつかせたくもない、という方に適す。


ルミーチェ モイストローションの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

7加水分解ヒアルロン酸

8ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

9セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

10グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

11グルタミン酸

12アラニン

13リシン

14アルギニン

15トレオニン

16プロリン

17トレハロース

18ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

19ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

20ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

21ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

22

23ソルビトール

24PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

25PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

透明な化粧水に乳液のようなとろみをつけるほか、肌なじみがよく、ベタつきを抑え、有効成分の経皮吸収性を高める働きを示します。その特徴から、「水性保湿油」とも呼ばれ、処方が容易であるほか高配合時もベタつきません。

26ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

27PEG-6

ポリエチレングリコールです。乳化・保湿目的で配合されます。

28PEG-32

29アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

30

31イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油

親油性非イオン界面活性剤です。クレンジングオイルなどに用いられます。

32クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

33クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

34テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル

安全性がとても高いエステルオイル。リッチで滑らかな感触を付与。無色透明でほぼ無臭。

35トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

保湿成分のアルガンオイルを配合した、オイル美容発想のノンシリコン保湿化粧水。
みずみずしくまろやかな使い心地で、角層のすみずみまで浸透し、うるおいを溜めこんだやわらかな美肌へ導きます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。