ローレル sozai ラベンダー化粧水 の解析結果

総合順位
72位
総合得点 5点満点
3.01
成分数エキス系特効ダメ
50440

ローレル sozai ラベンダー化粧水 の詳細情報

[製造販売元] ローレル

[商品ID] 4856
[容量]120ml
[参考価格]3024円
[1mlあたり] 約25.2
素材
52%

安全性

38%

コスパ 
48%
環境 
54%
ツヤ 
56%
感触 
90%
アンチエイジング
34%
美白
58%

ローレル sozai ラベンダー化粧水 の解説

ラベンダーのエッセンスが溶け出した水。



もはや化粧水というより、ラベンダー好きのためのフラワーウォーター。


シソ科であるラベンダーの効用としては、抗菌作用、抗炎症作用、発汗作用に抗酸化作用などが有名。

もちろん、ラベンダーの香りも特徴の1つです。


抗菌作用があることで、防腐剤のかわりに使われたりもします。



さて、しかしながらこれがメインの化粧水となるとどうでしょう。


香りと抗菌性は約束されますが、そもそも化粧水に求められるのは肌のコンディションを改善すること、と考えると物足りない。


ラベンダー自体は良い成分ですが、主役を張るような器ではないといえるでしょう。


ローレル sozai ラベンダー化粧水 の全成分

1シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

2

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5プルーン種子油

6アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

7

8アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

9オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

10グルコシルルチン

11ワサビノキ種子エキス

奇跡の木と呼ばれるモリンガから抽出されたエキスです。種子から得られるエキスにはベヘン酸も多く含まれ、エモリエントでリッチな感触を与えると同時に、抗酸化作用も付与します。

12サトウキビエキス

・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。

13カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

14ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

15ガゴメエキス

・ガゴメエキスは F-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。 さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。

16ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

17γードコサラクトン

エルカラクトン。γ-ドコサラクトンとシクロペンタシロキサン+セバシン酸ジエチルの混合では揮発性のハリ・コシ効果がはっきりわかりやすいタイプ。γ-ドコサラクトン+セバシン酸エチルは浸透性のハリ・コシ効果タイプ。γ-ドコサラクトン+トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはうねり・絡まりを持続的に改善、キューティクルを美しく整える。

18ダイズステロール

19アルギニン

20アスパラギン酸

21PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

22グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

23アラニン

24セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

25バリン

26プロリン

27トレオニン

28

29フェニルアラニン

30カプリル酸ヤシ油アルキル

天然成分由来のエステルオイルです。ベタつきのない、軽い感触でさらっとした仕上がりを与えます。

31ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

32安息香酸アルキル(C12-15)

33PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

34乳酸Na

35ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

36プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

37アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

38クオタニウム-18

水に分散するコンディショニング剤。カラーリングの保護。スプレータイプの製品には乳化剤としても使用できる。

39BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

40クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

41イソセテス-20

42

43PEG-1ラウリルグリコール

・PEG-1ラウリルグリコールはイミダゾリニウムベタイン型界面活性剤と併用することで優れた抗菌・抗カビ効果を付与。

44ラウレス-21

45安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

46セテス-2

47メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

48プロピルパラベン

49セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

50香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

北海道富良野で刈り取ったラベンダーを、その日のうちに蒸留し、精製せずに精油を残したままで作った「生」化粧水です。
肌につけたとたんに、フレッシュで豊かなラベンダーの香りが広がります。
ラベンダーが苦手な方にこそ使って欲しいラベンダーです。

ローレル sozai ラベンダー化粧水 の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。