ロゴナ シルキーシャンプー バンブーの解析結果

総合順位
726位
総合得点 5点満点
2.32

ロゴナ シルキーシャンプー バンブーの詳細情報

[製造販売元] ロゴナジャパン

[商品ID] 6133
[容量]250ml
[参考価格]2160円
[1mlあたり] 約8.64

洗浄力

32%

素材
44%

安全性

30%

コスパ 

32%

環境 
78%
補修力
52%
ツヤ 
36%
感触 
48%
育毛
88%
洗浄剤
48%

ロゴナ シルキーシャンプー バンブーの解説

シャンプーだと思わなければ価値があるかも

肝心なことですが、シャンプーとしてはかなり心許ない出来栄えです。

単にマイルドに作ろうとしたというより、洗浄力をなくすように作っているという違いがあり、 使用感の部分で変な感じがすることでしょう。

ただし、洗浄以外の部分では価値ある素材を持っています。



シャンプーなのに可笑しな話ですが、脇役は一般的なシャンプーよりもすぐれものです。




あたかも美容液のようなアンチエイジング成分が織り交ぜられ、

防腐剤のマイルド感も伝わってきます。




折角、この優秀な脇役を持っていながら、洗浄剤がなんとも頼りなく、

しっとりするばかりで変性アルコールが高配合なのも品質の低さに寄与しています。



良い部分と悪い部分が思いっきりぶつかって、どう解釈すれば良いのか難しいところでしょう。


ロゴナ シルキーシャンプー バンブーの全成分

1

2ヤシ油アルキルグルコシド

3変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

6ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7ブロッコリー種子油

8PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

9オレイン酸グリセリル

10ダイサンチク葉/茎エキス

竹抽出エキスです。肌の水分補給を高め、整肌作用をもたらします。

11ダイサンチク液汁エキス

竹抽出エキスです。肌の水分補給を高め、整肌作用をもたらします。

12アルギニン

13加水分解トウモロコシタンパク

14加水分解コムギタンパク

15加水分解ダイズタンパク

16レウコノストック/ダイコン根発酵液

大根の根から抽出した液体を、乳酸菌で発酵させた天然防腐剤です。とても肌に低刺激で、抗菌作用の他、抗炎症作用も期待されます。

17フィチン酸

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

21クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ

22香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

自然派ヘアケアシャンプーです。
クセのある、うねって広がりやすい髪をシルクのようになめらかに整えます。
竹エキス、ブロッコリ種子油やアルギニンを配合。
髪にツヤを与えます。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。