ラサーナ 海藻ヘアミストの解析結果

総合順位
110位
総合得点 5点満点
2.53
成分数エキス系特効ダメ
16110

ラサーナ 海藻ヘアミストの詳細情報

[製造販売元] ヤマサキ

[商品ID] 785
[容量]200ml
[参考価格]1890円
[1mlあたり] 約9.45
素材
56%
安全性
44%

コスパ 

32%

環境 
66%
補修力
56%
ツヤ 
40%
感触 
56%

ラサーナ 海藻ヘアミストの解説

海藻エキスで潤い浸透。


ペリセアの配合も手伝い、保湿効果を浸透させるようなイメージのミストです。


急激なコンディショニング効果はないものの、じんわりとマイルドに髪をケアする点では悪く無いと思います。


軽くパサつきを抑える程度のミストです。


ラサーナ 海藻ヘアミストの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

5海水

6ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

7

8

9ケープアロエエキス

10加水分解ハトムギ種子

11ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

12アスコルビン酸

ビタミンCのことです。水溶性成分で、抗酸化剤として働きますが、とても分解されやすいため肌や髪にはほとんど役に立つことはありません。製品中の成分の酸化を防いだりする役割が主です。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14ポリクオタニウム‐7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液のことです。シャンプーの泡をきめ細かくしたり、リッチな感触を与えるカチオン性ポリマーです。

15

16香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

朝のパサつく髪に潤い補給。
潤うサラつや髪を一日キープ!【特長】・アミノ酸が髪の内部に浸透し、ダメージを集中ケア。
・2種類の海藻エキスが髪の内部と外部に働き潤いを閉じ込めます。
・また、植物由来成分がコテやドライヤーなどの熱によるダメージから髪を守ります。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。