ケフトル ローションライト の解析結果

総合順位
70位
総合得点 5点満点
2.17
成分数エキス系特効ダメ
13100

ケフトル ローションライト の詳細情報

[製造販売元] セラピュア

[商品ID] 729
[容量]180ml
[参考価格]10500円
[1mlあたり] 約58.33
素材
30%
安全性
46%

コスパ 

20%

環境 
48%
補修力
46%
ツヤ 
38%
感触 
40%
アンチエイジング
36%
美白
60%
育毛
46%

ケフトル ローションライト の解説

ケフトルの敏感肌、女性向けのトニックとのことです。


いわゆる作用の強い系の成分が外され、
比較的マイルドな成分で構成されています。


そのためか値段は相当しますが内容的には今ひとつ、有効性にもやや疑問があります。


やらないよりはいいですが、素晴らしい一品とまではいきません。


また、ベントナイトは強力な粘性と乳化安定性を持つ成分ですが、泥系成分の中では不純物(針状シリカ)の含有があるタイプで、アスベストに似た構造であることから注意が必要。


ケフトル ローションライト の全成分

1エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

2

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4トウガラシチンキ

皮膚刺激剤として用いられ、血行促進作用などを付与します。

5サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

6

7アロエエキス

8活性石ベントナイト

9

10クロラミンT

・クロラミンTは芳香族スルホン酸アミドの殺菌防腐剤です。粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流すものに対して100g中に0.30gまで配合可、粘膜に使用する場合は使用不可の成分です。

11感光素301号

12エチニルエストラジオール

女性ホルモンの一種であり、男性脱毛を抑止する目的で配合される場合があります。ホルモン剤であるため、過剰な摂取はホルモンバランスを乱すことになり体に悪影響がでやすいため、摂取量は注意すべきです。一般的な化粧品類に含まれる量を通常の使い方で扱えばほぼ問題ありません。

13香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

頭皮が敏感な方や女性にお勧めの低刺激性マイルドタイプの育毛ローション(医薬部外品)です。
頭皮への刺激を抑えながら、活性石ベントナイトをはじめ、優れた抗菌作用を持つサルチル酸、毛細血管の血行促進作用を持つ霊芝エキスとトウガラシチンキ(カプサイシン)、毛母細胞を活性化させる感光素301号、男性ホルモンを抑制するエチニルエストラジオールとクロラミンTなど、こだわりの配合成分が頭皮細胞を活性化。

ケフトル ローションライト の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。