髪穴スッキリ ヘアコンディショナーの解析結果

成分数エキス系特効ダメ
381230

髪穴スッキリ ヘアコンディショナーの詳細情報

[製造販売元] メリードゥ化粧品

[商品ID] 674
[容量]380ml
[参考価格]1365円
[1mlあたり] 約3.59
素材
84%

安全性

28%

コスパ 
76%
環境 
58%
補修力
66%
ツヤ 
46%
感触 
92%

髪穴スッキリ ヘアコンディショナーの解説

商品名からして、頭皮につける製品なのかな?と思いますが
ベースがハッキリと柔軟剤(カチオン界面活性剤)を配置しているのでNGです。


あまりにも頭皮には刺激やタンパク変性作用が強すぎます。


中身は見どころもあるトリートメントなので勿体ないですが、ダメなものはダメ。


頭皮に対しての成分を見てみると、α-グルカンオリゴサッカリドは皮膚上の有益な常在菌だけを選択的に繁殖させ、頭皮トラブルの原因になる菌を抑制します。


コムギ胚芽エキスは、フィトポリアミンを特徴とした抗糖化作用、細胞活性化作用、コラーゲン産生促進効果、抗酸化効果に優れたエキス。


ヒアルロン酸、ペリセア、セラキュート、リピジュアがハリコシ弾力保湿作用。


エキス類が抗酸化、清浄、血行促進、保湿などを付与。


髪に対してはケラチン、コラーゲン、保湿作用、ジメチコン、アモジメチコンの潤滑、ペリセアの補修能といった効果を期待させます。


ただし、やはり頭皮向けでも、髪向けであっても中途半端で、頭皮には特に刺激性が高くNG。


配合成分は高性能なものを含んでいますが、全体として見ればケチの付く脇の甘い内容。


髪穴スッキリ ヘアコンディショナーの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

4オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

5イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

6ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

7アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

8

9BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

10

11加水分解コラーゲン

12加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

13α-グルカンオリゴサッカリド

・α-グルカンオリゴサッカリドはマルトースとショ糖を縮合して得たオリゴ糖で、皮膚の常在菌のバランスを調整。有益な常在菌だけを特異的に繁殖させる作用で、皮膚のpHを弱酸性に維持。

14コムギ胚芽油

15グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

16ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

17(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーはセラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー。

18ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

19カッコンエキス

葛の根から抽出したエキスで、コラーゲン生成促進作用を持ち、肌の保湿機能を高めます。

20センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

21オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

22ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

23アロエベラエキス-1

24クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

25オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

26ゴボウエキス

27サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

28セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

29セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

30レモンエキス

31ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。

32フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

33ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

34クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

35メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

36エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

37カラメル

38メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

毎日整える髪と地肌の環境頭髪の毛穴や、皮脂腺から分泌する脂の髪穴づまりは、きれいな毛髪には大敵です。
また、髪穴の油や汚れを「とる」だけで、頭皮の保護と適度の油成分を補わないと、頭皮をカサつかせてしまいます。
H.B.A. 髪穴スッキリ ヘアコンディショナーは、過剰な皮脂や不快臭を抑えながら地肌をひきしめうるおいを閉じ込めます。
また、毛髪を効率よく補修することで毛髪ダメージを軽減し、手ざわりのよい美しい艶髪に導きます。

髪穴スッキリ ヘアコンディショナーの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。