カレ ヘアフレグランス アップル&ペアーの解説

髪用トリートメントローションということですが、
まずまず質の高い成分を含んでいる一品のようです。


バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。


シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。

紫外線吸収効果も。


ホホバ、オリーブ、アセチルヒアルロン酸、コラーゲン、シルク、グリシン、グルタミン酸などアミノ酸各種がエモリエント効果や平滑性を髪に与えます。


リピジュア(ポリクオタニウム-64)は、生体膜構造と類似した疑似細胞膜を作る水溶性ポリマーで、持続性のある高い保湿効果を付与します。


ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、ベタつきや重さのない良質な使用感とナチュラルなツヤを与えます。


全体としては、
表面コーティングによる保湿作用をメインとした一品で、悪くない内容であると言えます。


ダメージを修復したりという仕事はしませんが、シャンプー、トリートメントの仕上げの一手としては優秀でしょう。


ある程度持続性を期待でき、内容のわりにお買い得であるとも言えます。


保湿効果をソフトに付与したい方はどうぞ。


カレ ヘアフレグランス アップル&ペアーの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6バオバブ種子油

アフリカ原産の「生命の樹」とも呼ばれるバオバブ種子からとれたオイルです。オレイン酸・リノール酸をリッチに含み、ビタミン類も含むため抗酸化作用も付与されます。

7シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

8ホホバ種子油

9オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

10ポリクオタニウム-64

・ポリクオタニウム-64は保水性を持つ皮膜形成作用を持つカチオン。ダメージ部に吸着ししなやかさを持つコーティング効果を与える。

11ポリクオタニウム-92

・ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

12香料

香りづけ。

13アセチルヒアルロン酸Na

スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。

14加水分解コラーゲン

15加水分解シルク

16セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

17グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

18グルタミン酸

19アラニン

20アルギニン

21リシン

22トレオニン

23プロリン

24エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

25PEG-20ソルビタンココエート

26クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー

28クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

29ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

30PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

31メトキシケイヒ酸オクチル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

32ソルビトール

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

メーカーの紹介文

●フルーティなアップル&ペアーの香りふわっと優しく包み込むようなアップル&ペアー(洋ナシ)の香りは、タバコなどの気になる匂いをしっかりと防ぎながら、風に揺れるとほのかに香る奥ゆかしいへフレグランストリートメントローションです。

カレ ヘアフレグランス アップル&ペアーの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。