john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)アルガンオイルの解析結果

総合順位
166位
総合得点 5点満点
2.29
成分数エキス系特効ダメ
24000

john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)アルガンオイルの詳細情報

[製造販売元] john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)

[商品ID] 639
[容量]59ml
[参考価格]4725円
[1mlあたり] 約80.08
素材
48%

安全性

28%

コスパ 

20%

環境 
62%

補修力

34%

ツヤ 
50%
感触 
56%

john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)アルガンオイルの解説

アルガンオイル100%。


アルガンオイルは、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、不飽和脂肪酸を含む組成のためエモリエント作用も期待されるオイルです。


単品でアルガンオイルというと、確かに抗酸化作用や血行促進効果は期待できますが、使用感はどうしてもしっとりとした感じが立ちますので、
ベタつきを好まない方には向きません。


また、確かに稀少なオイルではあるのですが、やや値段が妥当かどうかむずかしいところです。

総合すると、
エモリエント効果を与えるという面では効果がありますが、並み居る製品の中で比較するとさほど有効性の高い製品とまではいえないかと見ます。


john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)アルガンオイルの全成分

1

2マイクロクリスタリンワックス

ワセリンから抽出分離した固形成分で、石油由来の炭化水素です。化学安定性が高く、肌に浸透しないため皮膚刺激性がほとんどありません。延びがよく、ワックスタイプの粘性のある素材として重宝される。

3テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル

安全性がとても高いエステルオイル。リッチで滑らかな感触を付与。無色透明でほぼ無臭。

4キャンデリラロウ

5PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

6カルナウバロウ

7ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

8水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

9ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

10グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

11PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

12ポリウレタン-24

13TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

14ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

15イソステアリン酸

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

18

19(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー

高濃度の電解質下でも増粘可能な架橋型アクリル酸系水溶性ポリマーです

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

21AMP

22EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

23フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

24香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

デイリー使いに最適なアルガン100%のオーガニックオイルオリーブオイルと比較するとビタミンEが2,3倍含まれているマルチに使えるヘア&ボディオイル髪の切れ毛や枝毛などによるパサついたダメージヘアに優しく働きかけます。
スキンケア用品としても毎日使い続けていただくことで、気になるシミ・シワの予防効果も期待できます。
ジョンマスターオーガニックの他製品とブレンドして使用すると、より保湿力が高まります。

john masters organics(ジョンマスターオーガニクス)アルガンオイルの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。