HipaHipa shampooの解析結果

CHEERS for hair・一般的なシャンプーの3分の1の量で充分な洗浄効果を発揮するため幅位広い世代に対応します!※当社比
・アミノ酸系洗浄成分とマリンコラーゲン系洗浄成分を配合。
・くせや広がりの原因の乾燥を抑えしっとりと優しく洗い上げます。
・くせやうねりの改善とまとまり感をサポートする、潤いキープ成分(キシリトール由来複合体、カチオン化ヒアルロン酸)配合。
・天然脂肪酸とグルタミン酸+リジンから作られた生分解性の高い毛髪補修成分ぺリセアが使うたびに髪を補修していきます。
・ラフランスの香りが高級感と癒しの効果を演出します。
総合順位
33位
総合得点 5点満点
4.06
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
505360

HipaHipa shampooの詳細情報

[製造販売元] CHEERS for hair

[商品ID] 6031
[容量]500ml
[参考価格]2916円
[1mlあたり] 約5.83
洗浄力
66%
素材
98%
安全性
44%
コスパ 
82%
環境 
80%
補修力
52%
ツヤ 
36%
感触 
96%
育毛
124%
洗浄剤
92%

HipaHipa shampooの解説

強洗浄系だがマイルド志向

比較的はっきりした洗浄力を持つわりに、肌へのあたりがソフトで補修効果も体感できる一品です。

他にも様々なメリットを用意しているようです。

さっぱりした洗い上がりを期待できる酸性石けんとスルホコハク酸系洗浄剤のベース。



ペリセアなど緩衝材の作用もあり刺激性はほとんど感じさせないでしょう。




そのペリセアをはじめとしたコンディショニング効果も見逃せません。




ヘマチン、メドウフォーム-δ-ラクトンやヒアロヴェール、リピジュアなどなど、髪に潤いと滑り感と補修性をもたらす好材料を配合しています。



グルカンオリゴサッカリドの善玉菌を増やす作用も頭皮には好ましい材料ですね。




さっぱり洗えて髪も強化。

シャンプーとしては好ましい要素を多く持つ一品といえるでしょう。




HipaHipa shampooの全成分

1

2ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

3スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5PEG-1ラウリルグリコール

・PEG-1ラウリルグリコールはイミダゾリニウムベタイン型界面活性剤と併用することで優れた抗菌・抗カビ効果を付与。

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

8PEG-20ソルビタンココエート

9フムスエキス

10ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

11ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

12ココイル加水分解コラーゲンK

コラーゲン素材の洗浄剤です。大変高価でリッチな洗浄性。 あらゆる洗浄剤の中でもトップクラスのクオリティを付与します。

13ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

14メドウフォーム-δ-ラクトン

加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。

15ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

16カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

17アルギニン

18クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

19ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

20アスパラギン酸

21フェニルアラニン

22アラニン

23セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

24クオタニウム-18

水に分散するコンディショニング剤。カラーリングの保護。スプレータイプの製品には乳化剤としても使用できる。

25バリン

26トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

27褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

28プロリン

29トレオニン

30イソロイシン

31コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

32ヒスチジン

33グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

34クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

35PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

36乳酸Na

37ペンテト酸5Na

キレート剤。

38クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

39PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

40グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

41α-グルカンオリゴサッカリド

・α-グルカンオリゴサッカリドはマルトースとショ糖を縮合して得たオリゴ糖で、皮膚の常在菌のバランスを調整。有益な常在菌だけを特異的に繁殖させる作用で、皮膚のpHを弱酸性に維持。

42カラメル

43BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

44PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

45硫酸亜鉛

・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。

46エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

47安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

48フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

49メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

50香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

・一般的なシャンプーの3分の1の量で充分な洗浄効果を発揮するため幅位広い世代に対応します!※当社比 ・アミノ酸系洗浄成分とマリンコラーゲン系洗浄成分を配合。
・くせや広がりの原因の乾燥を抑えしっとりと優しく洗い上げます。
・くせやうねりの改善とまとまり感をサポートする、潤いキープ成分(キシリトール由来複合体、カチオン化ヒアルロン酸)配合。
・天然脂肪酸とグルタミン酸+リジンから作られた生分解性の高い毛髪補修成分ぺリセアが使うたびに髪を補修していきます。
・ラフランスの香りが高級感と癒しの効果を演出します。

HipaHipa shampooの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。