ハローキティ マヨヘアパックの解析結果

総合順位
242位
総合得点 5点満点
2.55

ハローキティ マヨヘアパックの詳細情報

[製造販売元] ディフュージョン

[商品ID] 5789
[容量]200ml
[参考価格]1296円
[1mlあたり] 約6.48
素材
50%

安全性

18%

コスパ 

34%

環境 
54%
補修力
60%
ツヤ 
70%
感触 
68%

ハローキティ マヨヘアパックの解説

保湿ケアが得意のヘアパック

卵殻膜やレシチンなど、卵に由来した素材を活かしたトリートメントです。

その効力はどの程度でしょうか。

マヨネーズパックから着想を得た商品、ということですが、

卵殻膜やレシチンといった素材自体は特段珍しいものではありません。



ただし、天然の界面活性剤であるレシチンや保湿・バリア機能を付与する卵殻膜の効果は肌にも髪にも有益です。



実感できるレベルの保湿効果を残してくれるでしょう。



特に卵殻膜は創傷治癒効果、繊維芽細胞の活性化といった美肌効果に欠かせない特性を持つ素材です。



ただ、髪に対してのこれら卵由来素材の効果は美肌効果と比べ魅力が半減してしまいますが。



そして、卵素材以外の部分はとても凡庸なコンディショナーのようであること、肌につけられるほどソフトでないことも考慮すべきでしょう。



総合的にはサラッとはするものの、そこまで強い効果はない。


ハローキティ マヨヘアパックの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4水添ナタネ油アルコール

5ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

6ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

7コハク酸ジエチルヘキシル

8ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

9アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

10加水分解卵殻膜

11コメヌカスフィンゴ糖脂質

12水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

13リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

14PPG-3カプリリルエーテル

カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。

15加水分解卵白

16オリーブ果実油

17アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

18ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

19パルミチン酸セチル

クリームの光沢改良・増粘作用を付与。

20シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

21フェニルトリメチコン

ツヤ感が特徴のシリコーンオイルです。

22ヒドロキシエチルセルロース

23PEG-90M

24ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

25EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

29香料

香りづけ。

30赤106

31黄4

メーカーの紹介文

裏技「マヨネーズパック」をヒントに、ヘア用トリートメントパックに進化させたマヨヘアパック(トリートメント インバスタイプ)です。
可愛いハローキティのパッケージデザインです。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。