Haru ヘアミネラルエッセンスの解説

優れた保湿力を軸に、トータルケアを付与するヘアエッセンス。


保湿力が高いのは見るからに伝わってくる内容です。


さらに、ケラチン、ペリセアのハリコシ改善効果や、抗酸化作用もまずまず効果的。


香りもフレッシュなものを揃え、使用感にも良い影響を与えているようです。


総合力がまずまず高く、バランス良い補修感を与える一品です。


髪を健康な状態に改善するためのエッセンスを少しずつ散りばめたような好感を持てる一品であり、飛び抜けた性能はないものの実用的な製品であると言えます。


主には潤い重視の方向け。

サラサラ感はさほどなく、保湿を背景にした滑らかさの改善が主。


値段とのバランスもまずまず。

悪くない一品です。


Haru ヘアミネラルエッセンスの全成分

1海水

2

3プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5トレハロース

6ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンをゆっくりと溶解・精製した高分子量γケフトースの4級カオチン化誘導体です。髪のダメージ部に選択的に吸着し、髪の弾力性・保湿性を高めます。

7イノシトール

ビタミンB群の一種。生理活性成分としてスリミング作用も期待される他、毛髪の健康な生成、パニック障害の抑制など様々な場面で働きます。

8ブッソウゲ葉エキス

ハイビスカスの葉のエキスです。植物版のヒアルロン酸とも呼ばれており、高い保湿作用、抗酸化作用を付与します。

9フルボ酸

10ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

11ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

12加水分解コラーゲン

13ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

14褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

15紅藻エキス

16緑藻エキス

17ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

18PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

19ソルビトール

20セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

21グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

22グルタミン酸

23アラニン

24リシン

25アルギニン

26トレオニン

27プロリン

28水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

29テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

30トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

31パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

32パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

33ピーナッツ油

34スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

35アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

36α-グルカン

37グルコシルセラミド

肌に密着しセラミドEOPの産生を促進する作用があります。肌のバリア機能を高めアトピーの改善などの効果も。

38グリコシルトレハロース

とうもろこし由来のトレハロースとグルコースによる保湿成分。非常に高い保湿力と、細胞を保護する働きがあります。

39ラミナリアオクロロイカエキス

ラミナリアオクロロイカとは、フランスはブルターニュ地方にあるブレア諸島に生息する黄金海草のことで、この海草から抽出したエキスです。アミノ酸・ミネラルを多く含む、新陳代謝を促進する効果を付与。

40スイカズラ花エキス

スイカズラ科スイカズラの花から得たエキスです。イノシトール、サポニン、タンニンルテオリンなどを含有し、抗菌作用を与えます。

41加水分解水添デンプン

42酸化銀

銀の酸化物で、非常に高い殺菌作用、消臭効果など。銀イオンによる酸化触媒作用を利用して、酸素を活性酸素に変えて殺菌効果を付与。また、細菌の細胞膜を通過して、細胞内の酵素の働きを阻害して細胞死に導く効果も。配合量や使用法によっては、肌自身を酸化させてしまう懸念も?

43ホウケイ酸(Ca/Na)

ガラスの成分としても知られます。ファンデーションの基剤などとして使われ、光沢を見せたいときに使われます。

44リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

45オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

46ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

47レモングラス油

48ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

49BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

50カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

メーカーの紹介文

00%天然由来成分で エイジングケア 髪のハリ・コシ・ツヤをアップさせるために5種のビタミン・2種の大豆エキスなどの栄養分と、コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワラン・米ぬかエキスやハイビスカスエキスなどの保湿成分をたっぷり配合。
スカスカな髪の内部に浸透します。
さらに、アミノ酸で補修したキューティクルを守るため、モロッコでしか採れないアルガンツリーから抽出される栄養成分、 アルガニアピノサ核油や、米から抽出したセラミドを配合。
紫外線やドライヤー熱風などの刺激に負けない、丈夫な髪に整えます。
上質なミネラル補給で 黒髪をキープ 白髪の原因のひとつが、ミネラル不足です。
ヘアミネラルエッセンスは、黒髪に欠かせないミネラル分をたっぷり配合。
エッセンスの成分全体の約40%が高知県室戸岬の海洋深層水。
さらに、黒髪を育てる3種類のミネラル(褐藻・紅藻・緑藻エキス)を高濃度で配合しました。
紫外線やイヤなニオイから しっかりガード 紫外線に弱いのは、顔のお肌も髪も同じ。
ヘアミネラルエッセンスには、髪のうるおいをキープしながら紫外線から髪を守る、海藻由来の成分とスイカズラ花エキスを配合。
さらに、髪のニオイの原因になりがちなタバコや食べ物の臭いなどから髪を守るために、殺菌効果とニオイのもとを一掃するアロマオイル、オレンジ油レモングラス油、ラベンダー油をオリジナルブレンドしました。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。