ヘアオペ 輝髪アプルセル エッセンス 輝きしっとりタイプ の解析結果

総合順位
9位
総合得点 5点満点
3.99
成分数エキス系特効ダメ
37440

ヘアオペ 輝髪アプルセル エッセンス 輝きしっとりタイプ の詳細情報

[製造販売元] サニープレイス

[商品ID] 113
[容量]120ml
[参考価格]2180円
[1mlあたり] 約18.17
素材
134%

安全性

34%

コスパ 
56%
環境 
80%
補修力
68%
ツヤ 
56%
感触 
108%

ヘアオペ 輝髪アプルセル エッセンス 輝きしっとりタイプ の解説

ものすごくいいんです。

ものすごく豪華で良いのですが、どうしても見過ごせない部分が。

まず中身を見ていくと、 人工皮膚素材のキトサン、納豆のネバネバ成分ポリグルタミン酸、抗酸化作用の高いアスタキサンチン、銀、白金、補修・皮膜・保湿のペリセア、18-MEAを含むクオタニウム-33、生体膜適合成分のリピジュア、アルギニン誘導体ココイルアルギニンエチルPCA、セラミドなど豪華すぎる顔ぶれのエッセンス。

お腹いっぱいになりそうなアウトバストリートメントになっていますが、 ラウレス-3酢酸Naという洗浄剤が配合されていて、この製品では乳化剤としての配合とみますが、 接触性皮膚炎にはなりにくい成分ではあるものの、やはり洗浄力があり皮脂を奪うという性質は変わりませんので ずっとつけたままにしていることは不安であり、肌荒れを起こすリスクの可能性はあります。

さて、このエッセンスのすごいところは、とにかくものすごく潤う!ということです。

普通豪華なトリートメントに配合されているような成分がそのまま入っていますから、並の潤い方ではありません。

しかも、耐久力抜群。

おそらく流すまでツヤ、潤いはほとんど変わらないまま持続します。

カラーやパーマなどでダメージを受けたり、残留薬品による二次的ダメージの髪に対しても非常に有効な製品です。

防臭、抗菌という効果も期待できます。

また、ほぼお湯で流すだけでほとんど落ちるように出来ているので、ワックスやジェルのようにシャンプーで苦労することもなくなりそうです。

潤わせることに関しては超トップクラスのアウトバストリートメント。

それだけに、酸性石けんがミソをつけていて残念。


ヘアオペ 輝髪アプルセル エッセンス 輝きしっとりタイプ の全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ポリクオタニウム-6

4ラウレス-3酢酸Na

酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。

5ヒドロキシプロピルキトサン

・人工皮膚にも使われるキトサンを配合。強靭で柔軟性のある皮膜を形成し、抗菌作用も期待できる質の高い素材です。

6セラミド2

7ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

8ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

9香料

香りづけ。

10ポリ-ν-グルタミンNa

11ソルビトール

12ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

13ザクロ種子エキス

女性ホルモンのような作用をもたらすエストロゲンや、美白効果がアルブチンの100倍以上といわれるエラグ酸を含むなどアンチエイジングに大変効果的なエキスです。豊富に含まれるビタミンB,C群による抗酸化作用や整肌作用も期待値が高く、優れた成分です。

14紅藻エキス

15アスタキサンチン

アスタキサンチンのことです。β-カロテンの40倍以上の抗酸化力を持つカロテノイドの一種です。エビやカニの生体内に多く含まれ、加熱するとアスタキサンチンとタンパク質の結合がとれてアスタキサンチンが遊離することにより赤色を呈します。活性酸素を強力に除去して体が酸化するのを抑止する働きがあります。

16コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

17

18白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

19セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

20ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

21ポリステアリン酸スクロース

22ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。

23トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

24トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

25セルロースガム

26炭酸水素Na

・炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。

27ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。

28クオタニウム33

29ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

30PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

31BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

32エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

33プロピルパラベン

34メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

35ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

36イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

37ツバキ油

メーカーの紹介文

輝きしっとり肥厚形成エッセンス 多くの方が毛先のダメージに悩まされています。
原因はカラーなどの酸化です
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。