よかねしゃんぷーの解析結果

総合順位
540位
総合得点 5点満点
2.5
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
224100

よかねしゃんぷーの詳細情報

[製造販売元] JOY・プラス

[商品ID] 5850
[容量]150ml
[参考価格]2352円
[1mlあたり] 約15.68
洗浄力
40%
素材
54%

安全性

30%

コスパ 

24%

環境 
84%
補修力
50%
ツヤ 
54%
感触 
74%
育毛
94%
洗浄剤
52%

よかねしゃんぷーの解説

滑らか系シャンプー、洗う能力は?

潤滑性が特徴的なシャンプー。

アミノ酸系の洗浄剤と、滑りの良い素材を組み合わせた内容。

シャンプーとしてのクオリティはどうでしょうか。

このシャンプーを紹介するのにノンシリコンをうたう必要があるのか?と思いますが、

シリコンが入っている時のように潤滑性を感じさせる要素は配合されています。



ヤシ油PEG-7グリセリルやカッシア〜といった要素、それに洗浄剤自体にもコンディショニング効果を付与させています。



このシャンプーの特徴はコンディショニング効果ですが、どうかなと思うのはやや泡立ちが弱いことと、さっぱり感に欠ける点。



しっとりというか、言わばベタっとするレベルまでいっちゃいそうな処方なので、

洗った感が欲しい方には微妙なところです。



潤滑性にしても髪のダメージが補修されるわけではないので、一時的な滑りの良さでで満足できるか、という問題もあります。



総合するとちょっと中途半端かな、という印象も。


よかねしゃんぷーの全成分

1

2ココイルグルタミン酸K

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3カプリン酸グリセリル

エモリエント効果や乳化剤として使われます。マイルド。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5

6ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

9ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

10トウキエキス

11トリオレイン酸PEG-120メチルグルコース

トウモロコシ由来のグルコースをメチル化したメチルグルコース誘導体と酸化エチレン, さらにオレイン酸からなるエーテル及びエステル化合物で、様々な洗浄剤に対する優れた増粘剤として働きます。

12塩化Na

13塩化Mg

14PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

15ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

16フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

17カッシアヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

18プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

19トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

20ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

光沢性、エモリエント性、酸化安定性、特に抱水性にすぐれた植物由来のダイマージオールエステル。

21ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

22コメヌカ油

メーカーの紹介文

九州大学との共同研究で商品化を実現した、「神の草」と呼ばれた薬草、日本山人参エキス配合の植物由来原料のノンシリコンシャンプーです。
低刺激性なので頭皮にもやさしく、ほのかな日本山人参の香りでリラックスできます。
ヘアセットが自然に決まり、クシ通りがよくボリューム感と潤いのある髪へと導きます。
日本山人参エキスの抽出方法及びメラニン生成活性化効果は現在特許出願中です。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。