フレッシュリアップ 薬用育毛トニックの解析結果

総合順位
56位
総合得点 5点満点
2.54
成分数エキス系特効ダメ
17200

フレッシュリアップ 薬用育毛トニックの詳細情報

[製造販売元] 大正製薬

[商品ID] 5943
[容量]185ml
[参考価格]950円
[1mlあたり] 約5.14
素材
34%
安全性
42%

コスパ 

36%

環境 
58%
補修力
42%
ツヤ 
36%
感触 
40%
アンチエイジング
32%
美白
60%
育毛
76%

フレッシュリアップ 薬用育毛トニックの解説

トニック類としては貧弱な部類

炭酸ジェット、という点ではメリットがあるといえますが、 トニック剤としての実力は見るからに乏しい。

基本的なメントールの清涼感や、炭酸の血行促進作用を中心に構成されています。



さてしかし、トニックと呼ぶには少々寂しい全成分なのです。




はっきりと育毛を期待させたい、と見て取れるような要素がなく、

トニックっぽい使用感を感じさせる、に留まる内容だといえます。




全く無意味ということはないですが、意味を見出したいならこれじゃないだろう、という気がします。


フレッシュリアップ 薬用育毛トニックの全成分

1

2パントテニールエチルエーテル

3酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

4延命草エキス-1

5メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

6ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

7ユーカリ油

8ウイキョウ油

9ホホバアルコール

10BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

11POE水添ヒマシ油

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油と呼ばれます。酸化しやすいヒマシ油に水素を添加して酸化防止。安全で感触の良い乳化・可溶化剤です。

12フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

13エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

14

15DME

ジメチルエーテルのことです。単純なエーテルの一種で、別名メトキシエタンとも呼ばれます。スプレー噴射剤として利用されることが多い。

16二酸化炭素

・いわゆる炭酸、つまり、二酸化炭素を配合。
二酸化炭素は炭酸ガスとして用いられ、弱酸性・皮脂や汚れを浮き上がらせ除去、血行促進によるクマ・くすみの改善、収れん(引き締め)効果による皮脂の過剰分泌抑制、ハリ・弾力効果などを付与。

17pH調整剤

メーカーの紹介文

保湿成分のエンメイソウエキスを配合した、薬用育毛トニックです。
心地よい当たり感のポイント噴射で、気になる部分をケアできます。
ビタミンE誘導体・センブリ抽出エキスが血行を促進し、抜け毛を防ぎます。
頭皮にスキッとした爽快感が素早く広がり、使用後も持続します、フケ・かゆみを防ぎ、頭皮を清潔ですこやかに保ちます。
無香料。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。