Fプロテクト フォルムキーパーの解析結果

総合順位
12位
総合得点 5点満点
3.91

Fプロテクト フォルムキーパーの詳細情報

[製造販売元] フィヨーレ コスメティクス

[商品ID] 421
[容量]200ml
[参考価格]1296円
[1mlあたり] 約6.48
素材
48%

安全性

-12%

コスパ 
80%
環境 
64%
補修力
76%
ツヤ 
76%
感触 
132%

Fプロテクト フォルムキーパーの解説

グレードが高すぎるアウトバストリートメント

洗い流さないトリートメントの中では最高峰のクオリティといって問題ないほど、 素晴らしいレベルにある製品だと言えます。

1つ1つの成分が、どれも主役級の有効性が高いものばかりで、髪も、頭皮についたとしてもメリットが大きい成分ばかり。

一番はSmooth,つまり平滑性、潤滑性の高さ。

一瞬で髪の感触を一変するほどのインパクトを与え、 つけている間も髪に浸透し、補修、保湿機能の強化、さらに消臭、過酸化水素の除去、柔軟性を持続的に与えます。

これぞ、本当の洗い流さないトリートメントといえる逸品です。

これこそが、本当の洗い流さないトリートメント 即効性、浸透性、持続性、保湿・補強・消臭・抗酸化、さらさら感、全部乗せ状態です。

洗い流さない製品で、これほど高機能でありながら、肌にもとことん優しい、信じられない製品。

間違いありません。

この手の製品をお探しの方は一度試すべき、超優良品といっていいでしょう。

しかも、非常に安価であることが嬉しすぎるのです。



Fプロテクト フォルムキーパーの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

5安息香酸アルキル(C12-15)

6(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

7ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

8ジラウリン酸セラミドNS

・加熱なしでツヤ・潤滑性・しっとり感・強度アップを付与するジラウリン酸セラミドNSを配合。

9メドウフォーム-δ-ラクトン

加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。

10γ-ドコサラクトン

エルカラクトン。γ-ドコサラクトンとシクロペンタシロキサン+セバシン酸ジエチルの混合では揮発性のハリ・コシ効果がはっきりわかりやすいタイプ。γ-ドコサラクトン+セバシン酸エチルは浸透性のハリ・コシ効果タイプ。γ-ドコサラクトン+トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはうねり・絡まりを持続的に改善、キューティクルを美しく整える。

11カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

12サトウキビエキス

・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。

13グルコシルルチン

14ガゴメエキス

・ガゴメエキスは F-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。 さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。

15ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

16(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

17ポリアクリルアミド

ゲル化作用による増粘目的で配合されます。アクリルアミド(モノマー)を重合することで作られます。

18アルギニン

19アスパラギン酸

20PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

21グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

22アラニン

23セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

24バリン

25プロリン

26トレオニン

27イソロイシン

28ヒスチジン

29フェニルアラニン

30ダイズステロール

31カプリル酸ヤシ油アルキル

天然成分由来のエステルオイルです。ベタつきのない、軽い感触でさらっとした仕上がりを与えます。

32ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

33ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

34グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

35ポリクオタニウム-6

36(ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸エチルトリモニウムクロリド)コポリマー

37ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG

38PPG-1トリデセス-6

39オレイン酸ソルビタン

40(C10-11)イソパラフィン

41クオタニウム-18

水に分散するコンディショニング剤。カラーリングの保護。スプレータイプの製品には乳化剤としても使用できる。

42ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

43プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

44オレイン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤、分散剤。

45イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

46BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

47PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

48乳酸Na

49トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

50セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

51PEG-12

52PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

53DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

54イソプロパノールアミン

55クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

56安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

57PEG-1ラウリルグリコール

・PEG-1ラウリルグリコールはイミダゾリニウムベタイン型界面活性剤と併用することで優れた抗菌・抗カビ効果を付与。

58EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

59メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

60プロピルパラベン

61クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

62硫酸亜鉛

・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。

63香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

カールやストレートを施術した髪に対し、ドライヤーやヘアアイロンの熱に反応する2つのヒートアクティブ成分と、フコイダンをはじめとする保湿成分が働き、髪の弾力性やまとまり感を改善することによって、リッジ感のあるきれいなカールヘア、うねり感のないつややかなストレートヘアをキープいたします。
また、カラー毛にも対応し、毎日のシャンプーによるカラーの褪色を抑えます。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。