ジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)の解析結果

総合順位
1373位
総合得点 5点満点
1.72
成分数エキス系特効ダメ
27300

ジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)の詳細情報

[製造販売元] KOSE

[商品ID] 6122
[容量]500ml
[参考価格]1224円
[1mlあたり] 約2.45
素材
10%

安全性

22%

コスパ 
40%
環境 
54%
補修力
52%
ツヤ 
36%
感触 
48%

ジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)の解説

使いたいと思わせられないトリートメント

平凡で無味、リスクが低いわけでも効果が高いわけでもなく、 どこにでもあるコンディショナーと言うよりほか無い。

ほんの一瞬だけコンディショニング効果を感じさせる程度です。



かなり安価なリンス剤と見分けがつかないほど、仕事をあまりしてくれない製品とみていいでしょう。



まさに油分を乗せるだけ。

髪を補強したり、自然な健康毛に近づけるような仕上がりを期待することはこれっぽっちもできないとみていいでしょう。




同シリーズのシャンプーが例え気に入ったとしても、トリートメントは他のものを選んだほうがいいくらい。


ジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)の全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3セテアリルアルコール

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

6セイヨウハッカ葉エキス

・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。

7トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

8トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

9ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

10加水分解ダイズタンパク

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

13イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

14オリーブ脂肪酸エチル

15カルナウバロウ

16クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

18コハク酸

19ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

20ステアリン酸グリセリル

21ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

22ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

23水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

24フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

25メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

26安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

27香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

やわらかい髪もハリ・コシUPふんわりまとまる。
やわらかい髪のやせがちなキューティクルを保護しハリ・コシUP、ふんわりまとまる髪へ。
心くつろぐフルーティフローラルの香り。
・髪のやわらかさやボリュームのなさが気になっている方 ・スタイリングしてもねもとがペタンとしてしまう方 ・ふんわりまとまる髪に仕上げたい方

ジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)の関連商品

楽天でジュレーム リラックス トリートメント (バウンス&エアリー)を買う
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。