ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの解析結果

株式会社ドクターシーラボ●美容オイルタイプのメイク落とし
●毛穴の奥からメイクをやさしく落とし、毛穴の黒ずみやくすみ※、肌あれを防ぎます。
●うるおいを守り、しっとりと洗い上げる美容オイルタイプのメイク落としです。
●ウォータープルーフのマスカラもしっかりメイクも、こすらずするっと簡単オフ!
●7種の植物オイル*1を含む美容成分が、くすみ※、ざらつきのないお肌に整えます。
●メイク汚れに密着し、こすらずするっと簡単に落とします。
●洗顔後のうるおいを守ってお肌をしっとりなめらかに整えます。
●手やお顔がぬれていてもご使用いただけます。
※古い角質によりくすんで見えること
*1ヒポファエラムノイデス油、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油(洗浄成分)、ハトムギ油、メドウフォームエストリド、ホロムイイチゴ種子油(整肌成分)
総合順位
5位
総合得点 5点満点
4.81
成分数エキス系特効ダメ
32110

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの詳細情報

[製造販売元] 株式会社ドクターシーラボ

[商品ID] 6190
[容量]150ml
[参考価格]2160円
[1mlあたり] 約14.4
洗浄力
72%
素材
96%
安全性
46%
コスパ 
76%
環境 
78%
ツヤ 
64%
感触 
72%
アンチエイジング
38%
美白
60%
洗浄剤
88%

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの解説


ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの全成分

1パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

2トリラウリン酸ポリグリセリル-10

3トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

410-ヒドロキシデカン酸

脂肪酸の一つで、ローヤルゼリーに含まれる。皮脂分泌をコントロールする作用があり、男性型脱毛やニキビの抑制に効果。

5ヒポファエラムノイデス油

6ハトムギ油

7メドウフォームエストリド

8ホホバ種子油

9マカデミア種子油

パルミトレイン酸含有量の多い、皮脂に近いトリグリセライド。肌を保護したり、馴染み・感触の良い油分補給効果を付与。

10ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

11ホロムイイチゴ種子油

12加水分解ヒアルロン酸

13加水分解コラーゲン

14セラミドNG

15セラミドNP

元々セラミド3と呼ばれていた成分。ダメージヘアの修復、保護作用。毛髪の強度、櫛通りを改善し、キューティクルを引き締め、水溶性ペプチドの減少を防ぐ。UVによる毛髪変質を抑える。

16セラミドAP

元々セラミド6Ⅱと呼ばれていた成分で、強い結合の膜を作ることで皮膚バリア強化。また、α-ヒドロキシ酸を含むことから角質代謝作用も。

17テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

18トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

19フィトスフィンゴシン

本来の皮膚正常細菌叢を阻害する微生物を減らす ・赤く炎症を起こした頭皮の鎮静化、修復

20マロニエエキス

21グリチルレチン酸ステアリル

油溶性抗炎症成分です。

22グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

23BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

24

25ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

261,10-デカンジオール

セバシン酸由来で香料、樹脂として使われる二価のアルコール。

27レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

28ジオレイン酸ポリグリセリル-10

29ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10

親油性の乳化剤です。肌に安全で、少量で油分を多く乳化させることができます。

30ステアロイルラクチレートNa

安全性の高い乳化・増粘剤。

31セバシン酸

32フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

メーカーの紹介文

●美容オイルタイプのメイク落とし ●毛穴の奥からメイクをやさしく落とし、毛穴の黒ずみやくすみ※、肌あれを防ぎます。
●うるおいを守り、しっとりと洗い上げる美容オイルタイプのメイク落としです。
●ウォータープルーフのマスカラもしっかりメイクも、こすらずするっと簡単オフ! ●7種の植物オイル*1を含む美容成分が、くすみ※、ざらつきのないお肌に整えます。
●メイク汚れに密着し、こすらずするっと簡単に落とします。
●洗顔後のうるおいを守ってお肌をしっとりなめらかに整えます。
●手やお顔がぬれていてもご使用いただけます。
※古い角質によりくすんで見えること *1 ヒポファエラムノイデス油、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油(洗浄成分)、ハトムギ油、メドウフォームエストリド、ホロムイイチゴ種子油(整肌成分)

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。