ドクターシーラボ モイスチャーデオソープ クールメン の解析結果

総合順位
49位
総合得点 5点満点
1.46
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5021010

ドクターシーラボ モイスチャーデオソープ クールメン の詳細情報

[製造販売元] ドクターシーラボ

[商品ID] 5021
[容量]220ml
[参考価格]2160円
[1mlあたり] 約9.82
洗浄力
128%

素材 

-16%

安全性

22%

環境 
50%

補修力

-4%

ツヤ 
16%
感触 
58%
洗浄剤
22%

ドクターシーラボ モイスチャーデオソープ クールメン の解説

豪華な添加成分と、それを台無しにする石鹸。



機能的で魅力的な配合成分を見ると、思わず錯覚してしまいそうになりますが、何てことはない単なる石鹸であることも忘れてはなりません。


問題は、石鹸のネガティブな部分が緩和されないままに構成されていることです。



それに加え、いわゆる泥成分の1つであるベントナイトも、充分に安全とはいえない成分です(詳しくは成分解説にて)。


それらを踏まえると、添加成分の価値よりもデメリットの方が目立ってしまうため、非オススメ品と言わざるを得ません。


ドクターシーラボ モイスチャーデオソープ クールメン の全成分

1

2ラウリン酸

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4水酸化K

5ミリスチン酸

6パルミチン酸

7ステアリン酸

8ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

9コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

10グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

11シメン-5-オール

イソプロピルメチルフェノールのことです。微生物、真菌類に効きます。人体への刺激性は低い。

12カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

13

14ベントナイト

15カオリン

16水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

17サクシニルアテロコラーゲン

アレルギーの原因となる成分を除去した安全性の高いコラーゲンです。

18加水分解コラーゲン

19ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

20アセチルヒアルロン酸Na

スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。

21加水分解ヒアルロン酸

22ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

23アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

24ノイバラ果実エキス

営実の実から得たエキスです。紫外線による肌の炎症・ニキビなどを抑制する効果があります。

2510-ヒドロキシデカン酸

脂肪酸の一つで、ローヤルゼリーに含まれる。皮脂分泌をコントロールする作用があり、男性型脱毛やニキビの抑制に効果。

26ドクダミエキス

27クマザサ葉エキス

イネ科ササ属のクマザサの葉から得られるエキスです。多糖類のバンフォリンや各種ビタミン類などを豊富に含み、アクネ菌の抑制にも効果あり。防腐作用があり、笹団子、笹寿しなど食品の防腐剤代わりにも古くから使われています。

28シャクヤク根エキス

芍薬根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。

29オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

30オウバクエキス

31シソエキス

抗アレルギー、抗炎症、アトピー性皮膚炎・花粉症用に。

32スベリヒユエキス

スベリヒエの葉、茎から得たエキス。保湿作用、抗炎症作用、抗菌作用の他、刺激緩和作用もあります。

33トレハロース

34メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

35BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

36ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

37ポリクオタニウム-6

38酸化鉄

文字通り酸化された鉄のことです。化粧品で様々な色調を表現するのに使われる素材で、吸油性、分散性に優れ取り扱い易い。

39タルク

滑石という鉱石を砕いて微粉末状にした無機粉末です。白色できれいな光沢をもつこと、化学的に不活性で耐熱性にも優れるため、ベビーパウダー、フェイスパウダーによく使われる素材です。アスベストが含まれるなどの危険性が指摘されたため、あまり使われることは多くなくなっています。

40セバシン酸

41

42

43ヒドロキシエチルセルロース

44アクリレーツコポリマー

45エチドロン酸

46硫酸Na

47炭酸Na

48炭酸水素Na

・炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。

49フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

50香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

男性のための全身用洗浄料です。
柿渋エキスが気になるニオイを防ぎながら、炭・ベントナイト・カオリンが余分な皮脂を吸着し、肌をさっぱりと整えます。
保湿成分に3種のコラーゲン・3種のヒアルロン酸・リピジュアを配合。
洗浄後の乾燥しがちな肌に適度なうるおいを与えます。
ニキビや肌あれ、エイジングサインにアプローチする9種の植物エキスも配合し、健やかな肌へ導きます。
メントールのクール感とさわやかなシトラスの香り。

ドクターシーラボ モイスチャーデオソープ クールメン の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。