コラージュ洗顔パウダーの解析結果

総合順位
72位
総合得点 5点満点
1.69
成分数エキス系特効ダメ
8000

コラージュ洗顔パウダーの詳細情報

[製造販売元] 持田ヘルスケア

[商品ID] 5496
[容量]40ml
[参考価格]1728円
[1mlあたり] 約43.2
洗浄力
84%
素材
18%

安全性

30%

コスパ 

20%

環境 
52%
ツヤ 
32%
感触 
28%
アンチエイジング
32%
美白
60%
洗浄剤
46%

コラージュ洗顔パウダーの解説

石鹸はアレですがスクラブ剤がよい

洗顔料としては石鹸ベースでさほど価値がないように見えますが、 見どころのある要素も含まれています。

コーンスターチのような素材はポリエチレン末に代替されているスクラブ剤であり、

環境中で分解されることが最もメリットとなります。



この点については評価に値するでしょう。




また、アミノ酸系洗浄剤もミックスしているので、石鹸特有のつっぱり感を軽減させています。




ただし、石鹸ベースである点を忘れてはいけません。




石鹸はアルカリ性が前提となるため、皮膚の弱酸性の環境を乱すには十分です。



そのため、必ずアフターケアが必要となり、肌を弱酸性に戻したり保湿させたりと、

手順が無駄に増えることを注意すべきでしょう。


コラージュ洗顔パウダーの全成分

1コーンスターチ

スクラブ剤・もしくは増粘剤などとして用いられます。スクラブ剤としては、ポリエチレン末のような微細プラスチックに代わる、生分解性の良いスクラブ剤として導入されています。微細プラスチックは環境で分解されず、生物が摂取してしまい様々な悪影響が懸念されているため、生分解性のよいコーンスターチ末などが代替されています。¥

2パーム脂肪酸グルタミン酸Na

3カリ石ケン素地

カリウム石けんです。アルカリ性であり、環境中で分解しづらい金属石鹸が生成されやすく、髪はアルカリでキューティクルが開きダメージ、肌はアルカリにより保湿因子がラウリル硫酸ナトリウムよりも溶出します。

4ソルビトール

5ミリスチン酸K

クリーミー系の石鹸です。使用感はクリーミーですが、アルカリ性で石鹸カスも発生するため結果的にパサパサします。

6

7シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

8グリシルグリシン

メーカーの紹介文

毛穴の汚れ・ザラつきが気になる方へ 古い角質がたまると、ざらついたり毛穴の黒ずみの原因の一つに。
コラージュ洗顔パウダーに配合されている酵素*が、力を入れなくても古い角質を落としやすくします。
洗顔後は化粧水が浸透しやすくなります。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。