CHESS(チェス) オルガニコサイド シャンプー の解析結果

総合順位
278位
総合得点 5点満点
2.91

CHESS(チェス) オルガニコサイド シャンプー の詳細情報

[製造販売元] モルトベーネ

[商品ID] 2046
[容量]260ml
[参考価格]3024円
[1mlあたり] 約11.63
洗浄力
54%
素材
56%

安全性

30%

コスパ 

30%

環境 
66%

補修力

38%

ツヤ 
32%
感触 
38%
育毛
112%
洗浄剤
76%

CHESS(チェス) オルガニコサイド シャンプー の解説

悪くないオーガニック系シャンプーと言っていいでしょう。

ベースにダマスクバラ花水ですから、リッチなバラの香りや抗酸化作用も期待。

洗浄剤は酸性せっけんのラウレス-6カルボン酸Naやアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAと、肌には極力マイルドと言える低刺激性と、適度なサッパリ感。

良いですね。

そしてアロマオイル、オーガニックエキスと呼ばれる成分が並ぶ中盤。

宗教儀式にも使われ、黄金よりも価値があるとも言われた「乳香」の素、ニュウコウジュ油。

バラの一種、ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)、ティーツリー油はγーリノレン酸含有の抗菌作用も有するオイル。

セイヨウニワトコ花エキス、オレンジ、ラベンダーは収れん、保湿、抗炎症作用。

ヨーロッパアキノキリンソウエキスはコラーゲン強化の保湿剤。

セージ、カンゾウは抗炎症・血行促進など。

全体としては、とてもエスニック、スパイシーといった特徴の乳香油を筆頭に個性的なアロマオイル、エキスが魅力的なシャンプーで、 なおかつベースもマイルドな優良シャンプーの1つと数えて差し支えないでしょう。

唯一、コンディショニング効果は大してないので、ダメージヘアにはやや厳しいところですが、 マイルドでオーガニックな商品をお探しの方には申し分ない一品といえます。

この手の製品の中では久しぶりに使いたいな、と思わせられる出来であります。


CHESS(チェス) オルガニコサイド シャンプー の全成分

1

2ダマスクバラ花水

3ラウレス-6カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

6ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7ニュウコウジュ油

8ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

9ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

10ティーツリー葉油

・ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。

11オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

12セイヨウニワトコ花エキス

スイカズラ科植物でフラボノイド含有のエキス。優れた抗酸化作用を付与。

13ヨーロッパアキノキリンソウエキス

14セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

15ノバラエキス

16ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

17オリーブ葉エキス

・オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。

18カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

19ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

20ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

21エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

22カプリル酸グリセル

23ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

24塩化Na

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

27トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

28安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

メーカーの紹介文

有機栽培植物由来の成分を配合し、オーガニックの素材を閉じ込めました。
オーガニック精油のみを使用した香りは、フランキンセンスを中心に、ラベンダー、ゼラニウム、ティーツリーなどをブレンド。
やさしい甘さとフローラルな感覚の中に、新鮮なハーバルノートがふわりと奥に。
大自然に包まれているような穏やかな香りをイメージしています。

CHESS(チェス) オルガニコサイド シャンプー の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。