セザンヌ ふきとり化粧水 の解析結果

総合順位
106位
総合得点 5点満点
2.75
成分数エキス系特効ダメ
18300

セザンヌ ふきとり化粧水 の詳細情報

[製造販売元] セザンヌ化粧品

[商品ID] 4903
[容量]125ml
[参考価格]550円
[1mlあたり] 約4.4
素材
28%
安全性
40%
コスパ 
72%
環境 
58%
ツヤ 
44%
感触 
44%
アンチエイジング
38%
美白
58%

セザンヌ ふきとり化粧水 の解説

一種のピーリング的化粧水

拭き取り式であり、かつヨクイニン、ぶどう果汁発酵液、ウレア、アルファルファといった肌の代謝を促進させる作用や、ピーリング的作用を中心に構成。


肌は本のページをめくるように穏やかに代謝していますが、この製品は急速にページめくって角質をリニューアルしようというもの。



角質が厚く、固くなったいる人に限る

普通肌の方や、まして敏感肌の方には自殺行為。


肌を急いでめくってしまうため、まだ核が残った状態の細胞が露出→敏感肌というケースに陥りやすいパターンです。


よほど、例えばかかとのような状態の部分でない限りはNG.

セザンヌ ふきとり化粧水 の全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4ヨクイニンエキス

5乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

発酵によりリンゴ酸の一部が乳酸に変化し、ブドウ果汁エキス単体よりもAHA効果が高まります。穏やかなピーリング作用により、古い角質の除去作用があります。

6アルファルファエキス

7オウレンエキス

キンポウゲ科オウレンの根茎から得たエキスです。美白・抗酸化・抗菌・抗炎症などスキンケア能を持ちます。

8グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

9ヒドロキシエチルウレア

・ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。

10グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

11ヒドロキシエチルセルロース

12クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

13クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14クエン酸トリエチル

15ポリソルベート20

16フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

17メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

18エチルパラベン

メーカーの紹介文

簡単&便利: コットンでふきとるだけで、キメを整え肌荒れを防ぎ、お肌に透明感を与えます。
洗い流し不要。
ほんのり黄色: オウレンエキス(保湿成分)配合。

セザンヌ ふきとり化粧水 の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。