ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム の解析結果

総合順位
32位
総合得点 5点満点
3.49
成分数エキス系特効ダメ
27500

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム の詳細情報

[製造販売元] ブルークレール

[商品ID] 4785
[容量]35ml
[参考価格]5131円
[1mlあたり] 約146.6
素材
64%
安全性
40%
コスパ 
48%
環境 
60%
ツヤ 
58%
感触 
50%
アンチエイジング
36%
美白
58%

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム の解説

高いUVカット効果と保湿!

紫外線散乱剤をベースに組み込んだUVカットクリーム。


ホホバ、酸化チタンといったベースだとべたつきそうだが、、という第一印象ですが、
豪快な処方とも言えそうなこの部分は好みを分けそう。


ヒトオリゴペプチド-1やリン酸アスコルビルMg、そしてセラミド類の配合がその他に特徴といえそうです。


使用感の面ではほとんど配慮されてないというか、ダイレクトにベタっとしそうな点が少し印象を悪くさせ、
リン酸アスコルビルMgのような中途半端な抗酸化剤がさらに格を落としている内容。


デイクリームとしての評価はあまり高いものとは言えないようです。


ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム の全成分

1

2ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

3酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。

4酸化亜鉛

紫外線散乱剤として用いられる他、抗菌作用を活かして消臭剤に使われることも。

5リン酸アスコルビルMg

経皮吸収性を高めたビタミンC誘導体ですが、効果としては穏やかな部類です。

6エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

7ステアリン酸

8シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

9レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

10水酸化Al

酸化チタンや酸化亜鉛などの光触媒作用による肌へのダメージを、水酸化Alで被膜することにより防止します。また、収れん作用があるため肌や歯磨き時の歯肉引き締め効果などに用いられることも。

11ヒトオリゴペプチド-1

旧表示名称ヒトオリゴペプチド-1、別名EGF。上皮細胞成長因子のことで、大腸菌か酵母によって産生させた遺伝子組換ヒトペプチド。53個のアミノ酸の短鎖構造をなす。アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士はこの成分の発見によりノーベル生理学医学賞を受賞。皮膚細胞産生の促進作用がある。元々人体が分泌しているものだが、年齢とともに分泌量が衰える。

12水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

13セラミド1

・水中でラメラ層を形成する安定型セラミドセットを配合。肌の肌理を整える効果を期待。髪の保護も。

14セラミド2

15セラミド3

16セラミド6II

17ダイズエキス

18ソウハクヒエキス

クワ科桑白皮のエキスです。フラボノイド、クマリンなどを含み、美白作用などの抗酸化作用、育毛作用などを期待されます。

19褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

20

21カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

22スイカズラエキス

23

24トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

25酸化鉄

文字通り酸化された鉄のことです。化粧品で様々な色調を表現するのに使われる素材で、吸油性、分散性に優れ取り扱い易い。

26アルミナ

27シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

メーカーの紹介文

豊富な美容成分を配合し、合成界面活性剤や紫外線吸収剤などを使用せず乳化した、季節を問わず肌に優しいUV下地クリーム。
化粧ノリが良く、白浮きやべたつき感がなく、長時間潤いを保ちながら紫外線をしっかりガードします。
海洋性コラーゲン、EGF、アセチルヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの肌成分、褐藻エキス、ソウハクヒエキスなどの天然植物成分を配合。
オーガニックのネロリとローズの優しく上品な香り。

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。