ブランブラン ブリリアントエッセンス の解析結果

総合順位
88位
総合得点 5点満点
2.92
成分数エキス系特効ダメ
14400

ブランブラン ブリリアントエッセンス の詳細情報

[製造販売元] リバース

[商品ID] 4783
[容量]35ml
[参考価格]12800円
[1mlあたり] 約365.71
素材
50%

安全性

38%

コスパ 
48%
環境 
58%
ツヤ 
46%
感触 
54%
アンチエイジング
40%
美白
58%

ブランブラン ブリリアントエッセンス の解説

美白集中型

明確に、美白作用だけを目指したわかりやすく、効果的な一品です。


αアルブチンをベースに、ビタミンC誘導体、ウワウルシエキス、エーデルワイス、マグワエキスと続き、
純粋に美白効果を目指した内容です。



美白力はどのくらい?

アルブチンの低刺激バージョン、αアルブチンや、アルブチンを含有するウワウルシエキス、油溶性ビタミンCの構成を見る限り、
低くはない効果ながら、絶大な影響力までは期待できないかな、というレベル。


美白に特化しているわりには、やや控えめな効力といった印象は拭えません。


ただし、本当にそれだけ(美白剤)でできた内容ですので、控えめな成分とはいってもある程度違いを感じやすい可能性はあります。


じっくりと肌に作用させてあげると、じわじわとホワイトニング効果を期待できるのでは。


ただ、値段は圧倒的に割高。


ブランブラン ブリリアントエッセンス の全成分

1

2α-アルブチン

ハイドロキノンにブドウ糖をα結合させた物質で、メラニン生成を強力に抑制する機能を持ちます。β-アルブチンとの比較では、β-アルブチンがヒトに限らずマッシュルーム由来のチロシナーゼも阻害する一方、α-アルブチンはヒトのチロシナーゼのみに選択的に、かつβ-アルブチンの10倍以上の阻害効果を示すという、選択的に効果を発揮するという利点があります。

3グリコシルトレハロース

とうもろこし由来のトレハロースとグルコースによる保湿成分。非常に高い保湿力と、細胞を保護する働きがあります。

4加水分解水添デンプン

5パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

脂溶性と水溶性の両方の特徴を持つビタミンC誘導体です。皮脂になじんで肌に浸透して機能する抗酸化成分となっています。肌に浸透するとパルミチン酸とアスコルビン酸に分解され、ビタミンCとしての機能を肌内部で起動させることができます。非常に肌への吸収効率が高く、従来のビタミンC誘導体の数十倍という浸透性を有します。美白効果、抗炎症・抗酸化作用を付与します。

6プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

7ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

8ウワウルシ葉エキス

・ウワウルシ葉エキスはアルブチンを含有する美白、色素沈着抑制成分。

9エーデルワイスエキス

皮膚バリアを強化し、外的ダメージからの耐性を高めます。抗酸化, ラジカル除去, ヒアルロニダーゼ阻害,脂質過酸化の阻害, インターロイキン-5阻害, 抗炎症作用を付与。

10プルーン分解物

表皮細胞がメラニンを受け取る過程を阻害することで肌が黒く見えることを防ぐ作用=美白作用があります。ユニークなアプローチの美白剤。

11マグワ根皮エキス

美白作用、抗酸化作用を付与。

12グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

メーカーの紹介文

日やけによるシミ、ソバカスを防ぐα-アルブチンをたっぷりと使用。
また、皮膚のバリアを通り抜けて高浸透するビタミンC「APPS」を配合肌にツヤを与えキメの整ったクリアな肌へ導きます。
すべての成分を贅沢に使用した、お肌の悩みに寄り添ったスペシャルメンテナンス美容液です。

ブランブラン ブリリアントエッセンス の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。