BIO WITH ONE ベータSの解析結果

総合順位
82位
総合得点 5点満点
1.38
成分数エキス系特効ダメ
44300

BIO WITH ONE ベータSの詳細情報

[製造販売元] バイオテック

[商品ID] 5258
[容量]150ml
[参考価格]8640円
[1mlあたり] 約57.6
素材
8%

安全性

24%

コスパ 

20%

環境 
58%

補修力

18%

ツヤ 
20%
感触 
38%
アンチエイジング
14%
美白
58%
育毛
48%

BIO WITH ONE ベータSの解説

発毛促進剤と言いながらシリコン入れてたり。


基本的には女性ホルモン作用で男性型薄毛を予防しようというタイプのトニックです。


ただ、ジメチコンを始めとした整髪料のような意図を持った成分の配合も多く、
育毛のノウハウが凝縮した発毛促進剤という宣伝ほどのクオリティは感じません。


明らかに高額で、女性ホルモンによる育毛方法も加減が難しいという問題が。


女性ホルモンなので、多く摂取するば当然ホルモンバランスを崩すし、それ自体発がん性物質であることも考慮しなければならない。



BIO WITH ONE ベータSの全成分

1

2ヒノキチオール

・ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

3エチニルエストラジオール

女性ホルモンの一種であり、男性脱毛を抑止する目的で配合される場合があります。ホルモン剤であるため、過剰な摂取はホルモンバランスを乱すことになり体に悪影響がでやすいため、摂取量は注意すべきです。一般的な化粧品類に含まれる量を通常の使い方で扱えばほぼ問題ありません。

4その他の成分

5ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。

6海藻エキス-1

7DL-PCA・Na液

8ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

9ソルビトール液

10グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

11アラニン

12プロリン

13セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

14スレオニン

15アルギニン

16

17L-グルタミン酸

18POE硬化ヒマシ油

低刺激で安全性の高い非イオン界面活性剤です。乳化・可溶化を目的に配合されます。

19ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

20パントテニルエチルエーテル

21スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

22

23

24

25トレハロース

26トリエチルヘキサン酸グリセリル

27

28

29メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

30ホホバアルコール

31ステアロイルグルタミン酸2Na

陰イオン界面活性剤で洗浄性、起泡性を持ちますが、主に乳化剤として使われるマイルドな作用の界面活性剤です。肌刺激性は非常に低い部類といえます。

32

33天然ビタミンE

血行促進、抗酸化作用。

34酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

35濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

36BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

37エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

38エデト酸塩

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

40メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

41プロピルパラベン

42香料

香りづけ。

43

44

メーカーの紹介文

30年間発毛・育毛にこだわり続けた専門サロンのノウハウが凝縮した発毛促進剤です。
2つの有効成分「エチニルエストラジオール」と「ヒノキチオール」が脱毛の主な要因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)という“活性型の男性ホルモン”を抑制し、「脱毛にブレーキ」をかけます。

BIO WITH ONE ベータSの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。