ビューナ ヨクイセラエッセンス ウルトラリッチ の解説

肌の代謝スピードアップを狙うならコレ。



ヨクイニンを含有するハトムギエキスをベースに、クリスマムマリチマムカルス培養液は植物幹細胞成分で、
抗酸化、傷の治癒効果、保湿保護効果といった注目の美容成分です。


ヨクイニンも同様の効果。


疑似セラミド、馬油、レシチンが保湿、艶、肌コンディション効果。


単にヨクイニンの効能だけに留まらず、先端科学の導入にも積極的な一品。


植物幹細胞成分が必須アミノ酸であるメチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン、


またコラーゲンの主要な成分であるヒドロキシプロリンなど9種のアミノ酸をはじめ、

不飽和脂肪酸であるリノール酸、オレイン酸など細胞の成長に必要な要素を豊富に含んでいます。



また、ホエイはAHAを含む角質の代謝促進効果や、保湿効果に優れます。


実は馬油も、これらの代謝促進や創傷治癒効果があると言われています。


まとめますと、肌の代謝を改善し、肌のコンディションを素早く回復させる一品であると見てとれます。


大いに興味深い美容液で、内容からしたらリーズナブルと言ってもいいほどです。


アンチエイジングカテゴリの肌の代謝改善による若返りを狙うならコレ。


ビューナ ヨクイセラエッセンス ウルトラリッチ の全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3ハトムギ種子エキス

ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。

4アンズ種子エキス

5ホエイ

6

7トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

8ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

9馬油

オレイン酸、パルミトレイン酸などを主成分とする、皮脂の組成に近いオイルです。皮膚馴染み、浸透性が優れ、肌の保護作用があります。

10ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

11グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

12ラウリン酸

13

14水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

151.2-ヘキサンジオール

16カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

17エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

18フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

メーカーの紹介文

ハトムギ種子エキス、アンズ種子エキスなどのケア成分に、注目の2成分「ホエイ」「クリスマムマリチマムカルス培養液」を追加したエッセンス。
なめらかリッチな質感に整えます。

ビューナ ヨクイセラエッセンス ウルトラリッチ の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。