BCクア フォルムコントロール ヘアマスクの解析結果

総合順位
146位
総合得点 5点満点
2.76
成分数エキス系特効ダメ
40020

BCクア フォルムコントロール ヘアマスクの詳細情報

[製造販売元] シュワルツコフ

[商品ID] 260
[容量]200ml
[参考価格]3360円
[1mlあたり] 約16.8
素材
38%

安全性

6%

コスパ 

24%

環境 
46%
補修力
70%
ツヤ 
58%
感触 
106%

BCクア フォルムコントロール ヘアマスクの解説

潤滑性アップに寄与。

中心は羊毛ケラチン、シリル化シルク、システインとなっており、
高濃度バージョンとなっております。


もともとトリートメントタイプの方も能力が高めだったので、このヘアマスクはよりダメージ毛の方にうってつけといえるかもしれません。


レギュラートリートメントに比べて濃度が高いことと、タマリンドガム、シクロペンタシロキサン、アモジメチコンなど被膜系が配合されています。


アミノ酸各種も配合。


能力的ににはじゅうぶんにあると言えます。


シルク系とケラチン、皮膜系と、バランスよく処方され、基本的にさらさら系の仕上がりが期待されます。


BCクア フォルムコントロール ヘアマスクの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

4セテアリルアルコール

5タマリンドガム

天然増粘剤の一種。電荷を持たない。粘性は中程度だが、剪断力の強弱にかかわらず一定の粘度を保つ性質がある(ニュートン性)。キサンタンガムなどに比べ滑らかで厚み感のある質感を与える。また、使用時に容器からスムーズに取り出せる性質も。曳糸性が弱いためぬるつき・ベタつきがない心地よい使用感。

6シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

7ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

8テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル

安全性がとても高いエステルオイル。リッチで滑らかな感触を付与。無色透明でほぼ無臭。

9アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

10加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

11コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

12(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

13(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

14アセチルシステイン

チオール基を持つグルタチオン前駆体。抗酸化物質としても知られますが、パーマ剤1剤にも使われます。髪のS-S結合を切断する効果がある。

15ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

16イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

17ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

18パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

19(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

20フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

21ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

22メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

23PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

24(C12-14)パレス-5

25(C12-14)パレス-7

26(C12-14)パレス-12

27ソルビトール

28セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

29グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

30クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

31グルタミン酸

32

33酢酸

34アラニン

35リシン

36アルギニン

37トレオニン

38プロリン

39ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

40香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

アミノケラチンコンプレックス・イオニックポリマーシールドコンプレックス配合の集中ヘアトリートメントです。
ダメージを補修し、毛髪表面に疎水性の皮膜を作り、さらにキューティクルを補強し、クセで広がりやすい髪を湿気から守りながら、おさまりやすい髪に導きます。
週1-2回のスペシャルケアとしてお使いください。

BCクア フォルムコントロール ヘアマスクの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。